So-net無料ブログ作成

ロミオとジュリエット・・・濃密な出会い [洋画]

映画「ウォーターボーイズ」の出会いは、確か、自動販売機への飛び蹴りでした。
「世界の中心で、愛をさけぶ」では、坂の上の神社か何かへ続く石段で待ち伏せ。
「いま、会いに行きます」では、別れ際に‘あの~’。
きっかけは、それなりに印象的ではあるけども、多くの時間はその後の話に費やされていました。
こないだ、BSハイビジョンで「ロミオとジュリエット」をやってたので久しぶりに観てみました。
オープニングなどのバックに流れる音楽と楽器がよかったですね~(^_^)
それと驚いたのは出会いの濃密さです。
舞踏会での出会いシーン。
あのシーンひとつで出会いから惹かれあい愛をささやき手を合わせキスまで一気に行ってますけど、見ている方も気分が盛り上げられちゃってその進展の早さにも納得なんですよね~
やや離れたところから互いを目でさがし見つめ合う場面が好きだな~(^_^)
一目で恋におちるのが納得の可愛らしさ美しさだからすごいですよね。
永遠のワンショットだな~


ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエット

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1995/06/28
  • メディア: CD


nice!(401)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 401

コメント 14

ぴーすけ君

オリビアの若く美しい姿に はじめてみた時 ドキドキしました。

by ぴーすけ君 (2017-03-11 11:04) 

風来鶏

オリビア・ハッセー、綺麗でしたよね(^_-)
でも、この役のイメージが強過ぎて、他の役は鳴かず飛ばずでしたね(^^;;
ハリーポッターのエマ・ワトソンも、同じ運命を辿らなければ良いのですが…
by 風来鶏 (2017-03-11 11:31) 

@ミック

ぴーすけ君さん、コメントありがとうございます^^
美少女の枠を超えてましたよね。
見出したフランコ・ゼフィレッリの慧眼もスゴイですよね^^;
by @ミック (2017-03-11 16:46) 

@ミック

風来鶏さん、コメントありがとうございます^^
サマータイムキラーのときは、
同じようなオーラ、出てませんでしたね~
おそらく撮影のときは16歳だったと思われます。
ここでも美少女オーラ16歳限界説が証明される結果となってしまったでしょうか。
by @ミック (2017-03-11 17:04) 

tonnura0919

彼女が布施明と結婚した時に、私は寝込んでしまった。
by tonnura0919 (2017-03-11 18:26) 

粋田化石

ニーノ・ロータの音楽が秀逸でした。
by 粋田化石 (2017-03-11 22:01) 

@ミック

tonnura0919さん、コメントありがとうございます^^
あの時は、誰もが心配しましたよね~^^;
by @ミック (2017-03-12 08:14) 

@ミック

粋田化石さん、コメントありがとうございます^^
サントラ盤(what is a youth・・・)と
a time for us とありましたよね♪
by @ミック (2017-03-12 08:17) 

伊閣蝶

ゼフィレッリの映画は、もともとオペラの演出を手掛けていた人だけに、こうした題材にぴったりですね。
音楽の使い方といい、ツボにはまっていました。
もちろんオリビア・ハッセーの可愛らしさは特筆ものです。
by 伊閣蝶 (2017-03-12 13:01) 

@ミック

伊閣蝶さん、コメントありがとうございます^^
ものすごく中世感が出てましたよね♪
by @ミック (2017-03-12 15:38) 

ヨッシーパパ

この映画のオリビア・ハッセーは、とっても可愛らしいですね。
by ヨッシーパパ (2017-03-12 18:32) 

@ミック

ヨッシーパパさん、コメントありがとうございます^^
全世界が恋した可愛らしさだったですよね♪
by @ミック (2017-03-13 00:49) 

芝浦鉄親父

オリビア・ハッセーの魅力、美しさ、ニーノ・ロータの繊細で美しすぎる音楽。感動的な名画です。。。
by 芝浦鉄親父 (2017-03-13 12:51) 

@ミック

芝浦鉄親父さん、コメントありがとうございます。
旋律が素晴らしい上に、テクニカルな部分も持ち合わせた名曲でしたよね♪

by @ミック (2017-03-14 10:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録