So-net無料ブログ作成

花のようなエレ [洋画]

中学の頃にはよく、観に行く映画を、先行してリリースされた音楽を聴いて決めたりしていました。
当時、家にステレオのある友人がおり、その友人ちにあったレコードに入っていた曲が、封切り前の「ブラザー・サン、シスター・ムーン」。
そして、そのLPのジャケットの表紙になっていたのが、後に手紙をもらった主演女優です(^_^)
ですから、観に行った最初の動機は、内容ではなく、音楽と主演女優見たさだったわけですね(^_^;)
そして、そのLPの中にもう一曲だけ、封切り前の映画の主題歌でグッとくる曲が。
その映画の題名は、「花のようなエレ」。
ロジェ・バディム監督作品で、当時は金曜イレブンで紹介されるなど、そこそこ話題になっていましたが、「ブラザー・サン・・・」とはちがい、いつしか忘れ去られる映画となってしまいました。
かくいう私も、その主題歌がとてもいい曲だったという記憶だけはあるんですが、どんなメロディラインだったか全く思い出せぬまま月日を重ねてしまい、長いこと過ごしていたのですが・・・
ある日、ついにDVD化されたという情報を得て、さっそく借りてきてしまいました。
メロディを確かめるために。
約35年振りに聴きましたね~
懐かしかった~
そしてやっぱりとってもいい曲でした(^_^)
映画自体も、自分の持っていた印象よりずっとステキな映画でした。
1972,3年の映画って何とも言えない雰囲気がありますね~
今とどこが違うっていって、そんなにたいして違わないと思うんですが、今よりちょっとだけピュアな精神世界の部分が大きかったのかなぁ~
エレの相手役の男優さんが、「新・個人教授」の主演男優と一緒だったので、それも懐かしかったですね(^_^)
驚いたことに、最新リリースのDVDだったからか、映像の質感に妙にリアリティがあって、あの頃にタイムスリップしたような感覚にとらわれました。
すっごく、不思議。

聴いてみたい方はこちらをどうぞ


花のようなエレ ヘア解禁版

花のようなエレ ヘア解禁版

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD



監督:ロジェ・ヴァディム
出演者:グウェン・ウェルズ、 ディディエ・オードパン、 マリア・シュナイダー、 ブリューノ・ブラダル
収録時間:88分
レンタル開始日:2008-04-04

Story
『バーバレラ』のロジェ・ヴァディム監督が自身の小説を映画化した青春ドラマ。南アルプスに程近い寒村に帰省した青年・ファフリスと、ギリシャ神話の女神と同じ名前を持つ精神薄弱の少女・エレの、つたなくも美しい恋模様を描く。 (詳細はこちら

nice!(373)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 373

コメント 2

JR浜松

胸が締め付けられるようなストーリーなんですね。
昔の映画って映像と音楽が綺麗で時が経った今改めて観たい気持ちになる作品が多いですね。
by JR浜松 (2017-08-26 19:27) 

@ミック

JR浜松さん、コメントありがとうございます^^
当時のリテラシーと今のリテラシーは違うので
思うこともまた違ってきますよね。
by @ミック (2017-08-27 03:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録