So-net無料ブログ作成
検索選択

手塚治虫2009 [アニメ・コミック]

手塚治虫が亡くなってから、もう30年近く経ちますね。
小さい頃からずっと手塚マンガと一緒にいた気がするんですが、いつの間にか人生のだいぶ多くの時間を手塚治虫なしで過ごしていることになってきちゃいました。
あっという間ですね。
前に(没後20年の時?)、NHKBSで「手塚治虫2009」という特集をやってました。
息子さん(手塚眞)がでてきてて、穏やかながらも非常に的確で説得力のある話をしているのが印象に残りました。
あの「ねらわれた学園」のインベーダーに洗脳されたちょっと気味の悪い秀才役の面影はまったくなかったですね。(髪の毛の色以外は・・・(^_^;))
びっくりしました。
大人になったなぁ。
ただ、再評価するには20年はまだちょっとだけ早かった気もしますね~
昔懐かし35年説というのがあるらしく、30年~35年くらい経った頃が最も評価が上がるとも言われています。

ちなみに私が持っているCOM1971年12月号の投稿記事に、「手塚治虫の最高傑作は何か?」という内容の記事があり、自分も深く同意したことを憶えています。
詳細は割愛しますが、そこにはとてもひとつには絞れないとして、八つの作品が挙げられていました。
当時、その記事を契機にして、「新選組」と「ハトよ天まで」を探し出して読みました。本当に素晴らしい作品でした。

手塚治虫の作品は子供の頃の大切な思い出ですね(^_^)

ちなみにCOM1971年12月号には、幻の「火の鳥 望郷編 第一回」が掲載されていますよ。


手塚治虫名作集 (11)

手塚治虫名作集 (11)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: ホーム社
  • 発売日: 1992/05
  • メディア: 単行本



ねらわれた学園 廉価(期間限定) [DVD]

ねらわれた学園 廉価(期間限定) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • メディア: DVD



COM傑作選 上 1967~1969 (ちくま文庫)

COM傑作選 上 1967~1969 (ちくま文庫)

  • 作者: 中条 省平
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2015/04/08
  • メディア: 文庫



nice!(359)  コメント(8)  トラックバック(4) 
共通テーマ:コミック

nice! 359

コメント 8

chibacandy

一番最初に出会ったアニメ<鉄腕アトム>。
最後が<火の鳥>ですね!出会えて良かった人間のお一人です。
by chibacandy (2017-07-13 04:47) 

majyo

手塚修虫さんは時々お見かけしました。
つい挨拶しちゃうのですが、ニコッとされます。
駅はアトムの曲が流れていましたよ
by majyo (2017-07-13 08:26) 

sig

こんにちは。
私は1967年2月、コダマプレスのダイヤモンドコミックスという文庫本シリーズの中の「新選組」を持っています。当時の価格240円。この記事を読んで、また読み直してみたくなりました。
by sig (2017-07-13 18:13) 

@ミック

chibacandyさん、コメントありがとうございます^^
私も最初は同じで、最後は「アドルフに告ぐ」かな。
子供の頃読んでた、マンガらしい絵が好きだったなぁ。
by @ミック (2017-07-14 01:01) 

@ミック

majyoさん、コメントありがとうございます^^
リアル神様に接近遭遇ですね♪
羨ましい。
by @ミック (2017-07-14 01:02) 

@ミック

sigさん、コメントありがとうございます^^
三谷幸喜大河の「新選組!」の藤原沖田総司が
鎌切大作そっくりだったですよね♪
by @ミック (2017-07-14 01:09) 

cooper

時の流れは早いですね、もうそんなに経ちますか~
私は女の子(笑)でしたから リボンの騎士でしたね。
by cooper (2017-07-14 14:36) 

@ミック

cooperさん、コメントありがとうございます^^
男の子から見ても、サファイアは憧れの女の子でしたよ♪
時に亜麻色の髪の女の子になったり、
女の子としての好き好き度は、
当時の男性作家による、少女コミックのヒロインの中では一番だったなぁ。
(ほかにサリーちゃんやアッコちゃんなどいましたよね)
by @ミック (2017-07-15 02:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録