So-net無料ブログ作成
検索選択

「卒業」-中学生にはまだ早い? [洋画]

アカデミー賞特集の時に録画しておいた往年の名画「卒業」を時間を見つけてちょこちょこと見ていて、やっと見終わりました。
たぶん、中学生の時にリバイバルで観たので、それ以来ですね。
我々の時代の田舎の中学生って、どんなんだったかハッキリ憶えていませんが、私が観たリバイバルより前に、既に観たことのあるクラスメイトが多数いて、卒業というキーワードが会話に出てくると、そのなかの一人が「サウンド・オブ・サイレンス」っていうと、みんな、オーッとか言ってました。
当時の中学生にとって人気のある話&曲だったみたいです。
自分は全く知らなかったんで、どんないい話だったんだろう?と思ってましたから、リバイバルされたときに速攻で観に行きました。
でも今回、久しぶりに観て、とても中学生が観るような内容じゃないな~と驚いちゃいました。
特に前半のミセス・ロビンソンとのくだりは自分の記憶以上に濃密に描かれていて、こんなの普通に観に行ってたのかな~と当時の自分に赤面したくなるほどでした。
確かに、当時は学校から観に行っていい映画のリストが回ってきていて、「卒業」はもちろん、確か「愛の狩人」とか「栗色のマッドレー」とか相当きわどいのも許可されてましたね。
それだけ、年相応の娯楽がなかったって事なのかな~
それとも、中学生って今自分が想像するより大人だったんだろか?
いずれにしても、中学生にはミセス・ロビンソンに惹かれる気持ちなどわかろうはずもなく、相当退屈したことと思います。
それでも作品が心に残ったのは、後半に出てくるキャサリン・ロス(エレーン)が一瞬にしてミセス・ロビンソンを逆転するだけの魅力を見せていたからで、そこを見た後では前半部のことなんかまったく印象に残らなくなっちゃいますね。
それ故、衝撃的なラストと相まって、中学生の心にも残る作品になれたのだと思います。
多くの人に愛されるふたつの映画で、多くの人に愛されるふたつのキャラクターを演じたキャサリン・ロスは、とても効率よく、心に残る女優さんになれた人ですね(^_^)


卒業 (ハヤカワ文庫 NV 61)

卒業 (ハヤカワ文庫 NV 61)

  • 作者: チャールズ・ウェッブ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1974/02
  • メディア: 文庫



卒業-オリジナル・サウンドトラック

卒業-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2003/12/17
  • メディア: CD



nice!(377)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 377

コメント 14

fuzzy

こんばんは、中学生にはまだ早い・・・早くない!私もリアルタイムで中2の時に観ました。サイモン&ガーファンクルの曲に感動し今でも聴いていますよ。キャサリン・ロスに憧れました。あの瞳がたまらなく好かった、忘れられませんね。今、私もブログで「卒業」「S&G」を書こうとしていました。私の青春でしたからね
by fuzzy (2009-06-29 23:44) 

@ミック

コメントありがとうございます(^_^)
キャサリン・ロス、人気ありましたよね。
当時の「ロードショー」の月間人気投票でも、1位ヘップバーン、2位キャサリン・ロス、3位オリビア・ハッセーみたいなパターンが定番じゃなかったでしょうか。
それからしばらく経つと、2位ノラ・ミャオというのが多かった気がします。
なつかしいですね。
fuzzyさんのブログに「卒業」「S&G」の話題が登場するのを楽しみにしていますよ。
by @ミック (2009-06-30 00:01) 

fuzzy

こんばんは、私の青春期なのによく知ってますね。オリビア・ハッセー可愛かったです。「ロミオとジュリエット」で惚れました。その後布施明と結婚したのには正直驚き、「それはないんじゃないの」と言いたい気分でしたね。
by fuzzy (2009-07-01 18:30) 

@ミック

「ロミオとジュリエット」も「卒業」と同様、ませた同級生が先に観ていまして(そういう同級生って大抵兄貴がいた奴だったかもしれません)、オリビア・ハッセーのファンになっていました。
その友人に連れられて、リアルタイムで「サマー・タイム・キラー」なる映画につきあいました。
同時期に、「ロミオとジュリエット」の監督(フランコ・ゼフィレッリ)の次回作が、第2の「ロミオとジュリエット」というふれこみで公開されました。
甘い青春恋愛ものを想像して観に行きましたが、心が洗われるような素晴らしい映画でした。
それが、「ブラザー・サン シスター・ムーン」です。
この映画のことはこのブログで多く語っていますので、是非、検索してみてください(^_^)


by @ミック (2009-07-01 19:32) 

mimimomo

おはようございます^^
音楽だけはよく知っています^^
by mimimomo (2017-04-23 06:50) 

majyo

いつもありがとうございます。これは映画館で観て
好きな映画だったはずですが、ストーリー忘れています
ミセスロビンソンも良く聴きました。
ダスティーホフマンが好きだったのは、この映画か?
なんだか順番がわからなくなりました。
by majyo (2017-04-23 10:44) 

mitu

「サウンド・オブ・サイレンス」も好いですが
わたしは「明日に架ける橋」が大好きな歌です♪ジーン(-.-)
by mitu (2017-04-23 13:06) 

@ミック

mimimomoさん、コメントありがとうございます^^
映画より、主題歌のほうが息が長い感じですね♪
by @ミック (2017-04-23 14:35) 

@ミック

majyoさん、コメントありがとうございます^^
この作品は、ダスティン・ホフマンの
実質的なデビュー作だったと記憶しています♪
by @ミック (2017-04-23 14:40) 

@ミック

mituさん、コメントありがとうございます
私も「明日に架ける橋」大好きです^^
1970年のビルボードのチャート・アクションを見ると、
「レット・イット・ビー」[明日にか架ける橋」と
一位の曲が続いていったようです。
by @ミック (2017-04-23 14:44) 

芝浦鉄親父

私は高校一年のとき、クラスメートと二人で新宿西口の映画館で観ました。「イージー・ライダー」との二本立てでした。。。
サイモン&ガーファンクルの音楽の素晴らしさが、この映画の価値を一層高めていると思います。
by 芝浦鉄親父 (2017-04-24 12:50) 

きーちゃん2

こんばんわ。私も確か中学時代チラと観たコトはありますけど、仰る通り、道義的にいうとラストは実にけしからんコトをする映画でしたね。コレがアニメだったらそんな感想にはならないかも知れませんけどね。(押井守監督の「うる星やつら、オンリーユー」なら違和感ないんですけど(笑)。
by きーちゃん2 (2017-04-24 19:03) 

@ミック

芝浦鉄親父さん、コメントありがとうございます^^
濃~い、2本立てですね!
私もちっちゃい時は2本立て当たり前でしたけど、
最近は、1本しか見せてくれませんよね^^;
by @ミック (2017-04-24 23:26) 

@ミック

きーちゃん2さん、コメントありがとうございます^^
こないだ、波留のドラマでも、そんなシーン出てきてましたね。
大政絢が、なんでこの日の前までに決断できなかったのか?
といってましたが、切羽詰まらないと踏み出せないことって
ありますよね。
まぁ、ドラマになるからってのもありますが。
by @ミック (2017-04-25 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録