So-net無料ブログ作成

麻子は何に惹かれたか-「グーグーだって猫である」 [邦画]

数日前に録画しておいた、「グーグーだって猫である」を観てみました。
多くの愛猫家ブロガーさんたちの前ではちょっと恥ずかしいのですが、
実は、かつて私も猫を飼っていました。
高3の夏休みのことで、夜型受験生だった私の受験勉強の友となっていました。
進学と共にお別れしてしまい、それ以来猫と一緒に暮らすことのない日々を送っています。
一応、その猫に操を貫き通していることになりますね。男の子でしたけど(笑)

猫って、自分の気に入らないものを顔のあたりにつけられると、
つけたまんまにするんだけど、あからさまにイヤな顔しますよね~
エりザベスカラーなるものをつけたグーグーを見たとき、
そんなことを思い出しました。

グーグーだって猫である2.jpg


さて、物語の主人公漫画家の麻子(小泉今日子)。
麻子が偶然出会った加瀬亮から最初おもむろにかけられた言葉が
「あんたみたいな(心を持った)人が猫飼うの、大変だな。」でした。

しばらく後、麻子の作品読後に交わした言葉が
「あんた、変わってるな」。
「あんたの書く漫画、悲しいな… でも何でか、勇気がもらえた。いつもは、これ(酒)にもらってんだけど。」
最後に
「あのさ…、(髪に)ごはんつぶついてんだけど。」
と続きます。

どうですか?心を揺さぶられますか?
たぶん、大島弓子さんの実体験か、こんな風にして欲しい…というモノ?

陳腐な表現になっちゃうかもしれませんが、敢えて書くと、

自分のアイデンテティーを認めてくれた。
自分を深く知ろうとしてくれた。
自分が力になれた。
気どらない自分でも平気。

ということでしょうか。

最初に会ってから次に言葉をかけられるまでの間、
麻子が青空に浮かぶ白い雲を見ているときの顔、幸せそうですね。
ということは、最初の言葉でもうかなりやられてるのかな~

グーグーだって猫である.jpg


グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)

グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)

  • 作者: 大島 弓子
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 文庫



nice!(386)  コメント(16)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 386

コメント 16

あやひな

小泉今日子さん
もう、キョンキョンってお呼びするのが失礼なくらい?
女優さんになられましたね。
この映画、上野樹里さんも出てるんですか。
上野さんは、
『のだめ』のイメージがどうしても強烈に残っています。
by あやひな (2009-08-16 04:06) 

@ミック

あやひなさん、おはようございます^^
これから、行ってきます。

上野樹里さんは、「のだめ」よりはしっかりしてましたが、
ちょっととぼけた感じはありましたよ^^
by @ミック (2009-08-16 07:09) 

fumilin

ん!
wowowで同じものを録画して見てました。
不思議な感じだったなぁ。

by fumilin (2009-08-17 00:05) 

@ミック

fumilinさん、こんばんは^^
不思議な映画でしたよね~
えも、そういう世界に浸るのって、
きらいではないです(^_^)
by @ミック (2009-08-17 05:57) 

びっけ

原作者(大島弓子)に思い入れが強いので、この映画は普通のスタンスでは観れなかったのですが(^^; 小泉今日子の空気感が心地よい映画でした。

加瀬亮の台詞から紐解けるメッセージの考察、なるほど、なるほどと思いました。@ミックさん、女子の気持ち、よーくわかってますね!(^^)v

by びっけ (2009-08-17 09:10) 

@ミック

びっけさん、おはようございます^^
いろんなバックボーンを知ってられると、
感じ方もまた違うんでしょうね~

ところで…
びっけさんも人が喜ぶツッコミどころをよくご存じですよ~(^_^)
by @ミック (2009-08-17 10:33) 

mitu

図書館で借りて視たことがありました
グーグーって名前も、面白いですね
大島由美子さんといえば、ちび猫の妖精みたいな漫画のキャラクターがキョンキョンにソックリだと思っていました(~_~)
by mitu (2017-03-27 07:11) 

ニッキー

我儘な猫と暮らしてる私からすると、エリザベスカラーをつけたままに
してくれるニャンコはお利口さんですよぉ=(^.^)=
うちのニャンズは外そうと普段では考えられない器用さを発揮してくれますw
by ニッキー (2017-03-27 08:07) 

トロル

わたしも大島弓子さんの作品に思い入れが強いので、映画の冒頭からもうなんか入れなくて、観るのも止まってしまったのですが、成る程…ここを耐えて観続けられれば、何か違った感動が得られたのかもしれなかったのか!と、初めて残念に思いました…(-。-;
須和野ちび猫がアイドルの頃のキョンキョン…という発想には、意外と共感。なんでだろ。わたしは、BOWIEの死に対する大島さんのコメントを伺ってみたいな。映画の話からズレてしまってごめんなさい。^_^
by トロル (2017-03-27 17:24) 

@ミック

mituさん、コメントありがとうございます
案外、キョンキョンは、大島弓子さbんの
ご指名だったのかもしれませんね♪
by @ミック (2017-03-27 23:04) 

@ミック

ニッキーさん、コメントありがとうございます
外されちゃって、治りが悪くなると心配ですね。
でも、そんなことするのって元気な証拠なのかも。
by @ミック (2017-03-27 23:06) 

@ミック

トロルさん、コメントありがとうございます
大島弓子さんて、ファンの方に深く思われているんですね。
キョンキョンぽいのって、須和野ちび猫っていうんですね。
ご本人は知っているのかしら。
大島弓子さんは、ボウイ的な男性にも興味を持たれていたんですね。
グラムロックのときのボウイですか?
見かけによらず、言ってること、結構深かったですよね。

by @ミック (2017-03-27 23:15) 

風来鶏

この映画は、DVDを借りて見たかな(^_^)v
by 風来鶏 (2017-03-28 21:45) 

@ミック

風来鶏さん、コメントありがとうございます^^
確か舞台は吉祥寺だったですよね♪
by @ミック (2017-03-28 23:35) 

風来鶏

そう吉祥寺が舞台で、井の頭公園も登場していましたね(^^;;
吉祥寺と言えば、高橋真梨子さんのアルバム「triad」に、"祥寺クイーン"と言う歌が最初に収録されていたと思いました(^_^)v
by 風来鶏 (2017-03-29 20:33) 

@ミック

風来鶏さん、コメントありがとうございます^^
高橋真梨子さん...
「あまちゃん」の時、潮騒のメモリーで
久々に思い出しましたw
by @ミック (2017-03-29 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録