So-net無料ブログ作成

結末の違う“ダンス・ウィズ・ウルブズ”-「アバター」 [洋画]

「君の名は。」の大ヒットでにわかに映画の歴代興収ランキングが注目されましたが、
世界の歴代興収代1位の映画といえば、この「アバター」です。
また、眼鏡をかけての3D鑑賞のはしりでもありました。
当時は3D字幕に酔う、との噂が流れていたため、
字幕派だった私ですが、3D+吹き替え版で、友人の勧めで前の方の席での鑑賞しました。
(私の周りでは、前の方が酔わないという噂も流れていました)

アバター画像.jpg

迫力満点の映像で、全編これ見せ場という中、思った事は、
これは結末の違う「ダンス・ウィズ・ウルブズ」だったかな、ということ。

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」は、はからずも先住民と触れ合うことになった一兵士が、
彼らの精神世界の高さに触れ、それまで知りえなかった喜びに遭遇していく物語。
ものを見る立場が変わる事により、善悪の判断までが逆転し、
力あるもの、数の多いものの横暴に気付きレジストしていく。
そんな姿を通して描く、先住民たちとの素敵な友情物語でした。

この映画でも、アバターの体とリンクし、相手種族の世界に溶け込む事によって、
もうひとつの「ダンス・ウィズ・ウルブズ」的世界が語られていたように思います。

「ダンス…」の結末は、ひとりの人間の等身大の生きざまが描かれていて、
ハッピー・エンドではありませんでしたが、
しみじみと泣けてくるようなものでした。
それに対し、こちらは、ヒーローものの大団円よろしく、
カタルシスに溢れるものになっていましたね(^_^)

相手種族との心のふれあいの深さという点では「ダンス…」に軍配。
絵作りの巧みさで、「アバター」というところでしょうか。

単純なシーンでしたが、リンクした主人公が最初に走ったシーン、
喜びにあふれていて、いいシーンでしたよね^^

アバターの鼻は、かつての亀田戦後の内藤選手のようでした(笑)

3Dについては、昔ディズニーランドで観た「キャプテンEO」から、
それほど劇的な変化があったとは感じられなかったかなぁ。
背後の遠目の絵の動きが激しいと、やっぱり見づらいと思いました。


アバター 公式完全ガイド

アバター 公式完全ガイド

  • 作者: マリア・ウィルヘルム
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(435)  コメント(20)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 435

コメント 20

yukky_z

じゃ~平面の方を観て来ようかなぁ?
by yukky_z (2010-02-04 19:32) 

hir

いいですね!
アバター、今、話題になってますよね 私もみたいなあ
3Dって、、、私は、出来れば2Dで見たいかな?、、、
でも、テレビも3Dになるみたいですしね、、、
3Dってどんなもんだか、見てみたい気もします

by hir (2010-02-04 19:37) 

うさこ

ご覧になったのですね。
世界一と言われて見なきゃ・・と思いつつ、、3Dが酔っちゃうので苦手で行かずじまいです。。。2Dでだいじょぶかな。。
ダンスウィズ~懐かしいです!映画館で見ました。^^
by うさこ (2010-02-04 21:19) 

@ミック

yukky_zさん、こんばんは^^
3Dの方が300円高いですもんね(笑)
3D観ながら、時々眼鏡をずらして、
実際はどんなになってるのかのぞき見していました(^_^)
by @ミック (2010-02-05 01:17) 

@ミック

hirさん、こんばんは^^
3D、話のタネにいいかもしれません。
また、今後の技術の発展を感じるためにも、
基準として観ておくというのもいいかもしれませんね。
300円高いですけど…(笑)
by @ミック (2010-02-05 01:20) 

@ミック

うさこさん、こんばんは^^
「ダンス…」お好きなら、同じ臭いを感じると思います。
ただ、前振りとかタメとかは一切ないと思って貰った方がいいです。
そこらへんは、「ハムナプトラ…」的かもしれません。
by @ミック (2010-02-05 01:24) 

天使 & angel

hellou !
こんばんは 

AVATAR 
   アバター  it is definitely an interesting movie ^^
by 天使 & angel (2010-02-05 21:46) 

@ミック

天使 & angelさん、こんばんは^^
アバター、お金払ってみるだけの価値がありました(^_^)
by @ミック (2010-02-05 22:27) 

かずっちゃ

ワタシもアバターを観て、ダンス・ウィズ・ウルブズを連想しました。
でも、ワタシ、キャメロン監督作品ダイスキなので、アバターに軍配あり!です。
by かずっちゃ (2010-02-06 08:20) 

@ミック

かずっちゃさん、おはようございます^^
「アバター」は、今のままでも2時間40分の大作ですが、
実はもっと長く撮っていたということも考えられますよね。
そうであれば、相手種族とのさらに濃密なふれあいが
描かれているんじゃないでしょうかね~
何年かあとに、そんな完全版を観てみたいですね(^_^)
by @ミック (2010-02-06 08:38) 

デルフィニウム

アバターの鼻は、亀田戦後の内藤選手>>何かに似ているとは思っていましたけどw
by デルフィニウム (2010-02-06 10:26) 

@ミック

デルフィニウムさんにウケて、
とっても嬉しい気分です(笑)
by @ミック (2010-02-06 11:17) 

non_0101

こんにちは。
まだ人が入っているのですね~
私は字幕版+3Dで観てみたので、吹替版にもチャレンジしたいなあと思ってます☆
by non_0101 (2010-02-06 12:16) 

@ミック

non_0101さん、コメントありがとうございます^^
吹き替え版の方にも、たま~に字幕が入ってました。
浮き出てましたね(笑)
観終わって出たら、そこにはもう次回上映を待つ人で溢れかえっていました。
by @ミック (2010-02-06 20:21) 

majyo

ダンス・ウィズ・ウルブスは劇場で観ました。
すっかり忘れていますが、
>力あるもの、数の多いものの横暴に気付きレジストしていく
はい、そんなのだったかもしれません。
ヒューマンドラマだったかなあ?
何でも忘れるので困りますが、良かったと言うのだけ覚えています
by majyo (2017-06-09 06:41) 

@ミック

majyoさん、コメントありがとうございます^^
「フィールド・オブ・ドリームス」、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」と続いたあたりがケビン・コスナーの最盛期だったですねぇ。
「ボディガード」を最後に、出演する映画があたらない俳優になってしまって・・・^^;
by @ミック (2017-06-09 06:52) 

Ja-Kou66

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」、好きだった記憶があります。
(当時のK.コスナー氏はカッコ良かったし・・・)
アバターは観ていませんが、そういう感じのお話だったのですね。
最近はすっかり、映画を観に行くのも一大事となってしまい・・・
なので、気力上がらずめっきり映画館にも行っておりません・・・。
by Ja-Kou66 (2017-06-10 23:15) 

@ミック

Ja-Kou66さん、コメントありがとうございます^^
私もすっかり映画館からは遠ざかっていましたが、
「君に名は。」は観に行きましたよ♪
by @ミック (2017-06-11 00:06) 

うっかりくま

ダンス・ウィズ・ウルブズ、良かったですね。
アバターも主題は似ていると思いましたが、
蛍光色の森の美しさや飛行シーンの迫力などに
目を奪われ、どっちも好きでした(^^。)
当時アバターの世界から抜け出せなくなる人が
話題になりましたが、あれって宣伝だったのか
本当だったのか、未だに謎です。


by うっかりくま (2017-06-11 01:30) 

@ミック

うっかりくまさん、コメントありがとうございます^^
ダンス・ウィズ・ウルブズは、
長かったですけど、家では繰り返し観ました。
完全版?はもっと長かったですけど、
それでもそちらも複数回観たと思います。
当時はそれほど感動が強かったんだよなぁ、きっと。

by @ミック (2017-06-11 02:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録