So-net無料ブログ作成

希望への旅立ち、そして無情の天気雨-「Mother」 [Mother]

「Mother」第9回。
親子の運命が暗転するシーンの作り方、素晴らしかったですね。
初回の時も思いましたが、映画を観てるようでした。
1シリーズのうちに2度もそのような思いをした作品て、記憶にないです。
今回も、満足度の非常に高い回になっていたように思います、

実の母に甘え、新たな戸籍(とても高価)を手に入れようとする松雪泰子。
いつの間にか、信頼関係は完全に回復していましたね。
もはや母と呼ぶことに何の抵抗もない様子です。
これ程までの己を捨てた包容力を見せられれば、心を許して頼れますし、
事実、田中裕子には松雪泰子とつぐみちゃんに対するまっすぐな愛情しかないでしょう。

Mother松雪泰子つぐみちゃん海岸にて.jpg

そして、晴れて家族になる日を夢見て、3人で伊豆へ。
田中裕子の体調への不安はあるものの、
とっても希望に満ちた旅立ちでした。
おのおのが、自分以上に大切に思える人が存在する幸せを感じ合える、
そんな至福の時間、これが永遠に続いて欲しい、そう思われたのですが・・・

Motherつぐみちゃんとうっかりさん.jpg

山本耕史の説得も虚しく、警察に被害届を出したつぐみちゃんの実母。
それを契機に、松雪泰子たちの運命は、一気に暗転します。

幸福な時間の象徴、つぐみちゃんと田中裕子が歌う『あめふりくまのこ』
幸福への扉へと向かう松雪泰子。
しかし無情にも、天はその晴れ間に突然雨を降らし、
扉は開かぬまま、3人の幸福は天気雨に流されてしまいました。
空に轟く松雪泰子の悲痛な叫び。
それが聞こえたと振り返るつぐみちゃんの無邪気な顔。
淡々と職務を遂行する捜査係の人々。

Mother松雪泰子捕まる.jpg

一連の物語の流れ、特に希望と絶望が交錯する、対比の技術が素晴らしかった。
サスペンスとして一級品だった上に、
その情愛にも、思わず涙せずにはいられないシーンがつくられていました。
叫び声、とっても心に響きました。
作り手さんたちを、絶賛してあげたい気分です。

そして、だけど、束の間の幸せ、終わってしまったんですね~
松雪泰子の行為、すべてを知っている我々から見たら、救済としか考えられないのですが、
社会的には誘拐となってしまうのですね。
そして、安易にこの救済を認めれば、社会の秩序が乱れてしまうのも確か。
ただ、どんなに時間がかかったとしても、丹念に状況を精査して、
この場合だけは、救済と認めてあげて欲しいですね。
我々の社会って、それだけの懐の深さ、持ってるのかな。

予告編では、不思議に元気なつぐみちゃんが描かれていました。
あれは何を示唆しているんでしょう。
次週も見逃せませんね。



<関連記事>
最終回、つぐみちゃんがくれた奇跡の一日-「Mother」
最終回を前に、怖い展開に-「Mother」
道木怜南との二度目の決別-「Mother」
命より大事な用事-「Mother」
つぐみちゃんを帰そうとする三つの力-「Mother」
美しき母のやきもち-「Mother」
山本耕史って…-「Mother」
子から母への無償の愛-「Mother」
母になり、そして母を訪ねる-「Mother」
大人びた詩人な少女に惹かれた女:松雪泰子-「Mother」


泣き顔スマイル

泣き顔スマイル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: rhythm zone
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: CD



日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック

日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: REMEDIOS
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: CD



Mother [DVD]

Mother [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2010/09/21
  • メディア: DVD

ブログトップへ戻る

nice!(359)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 359

コメント 14

future-miracle

切なかったですね・・(TT)
ミックさんが最初から不思議に思われていた山本耕史の起用意味?がやっとわかってきました。
素晴らしい演技力の継美ちゃん役の子、映画「告白」に出てるみたいで、すっごく気になります^^
by future-miracle (2010-06-10 09:50) 

デルフィニウム

ドラマの中でも子供には幸せになってほしいです。
by デルフィニウム (2010-06-10 10:07) 

もももんがが

ミックさんの記事を読んでてまた涙が・・・;;
次回は施設なのかな?
実母の下に戻らなければいいなと思っていましたがはたして・・・。

しかしこれだけの記事を朝6:30に書くミックさんも凄いです。

by もももんがが (2010-06-10 14:26) 

@ミック

future-miracleさん、コメントありがとうございます^^
つぐみちゃんのおとうさんになるくらいまであるかも、
と思っていましたが、
予告編を見ると、さすがにそこまではないようですね^_^;
芦田愛菜ちゃん、「告白」に出てるんですね~
どんな演技をしてるのか、とっても気になります。
by @ミック (2010-06-10 14:55) 

@ミック

デルフィニウムさん、コメントありがとうございます^^
おしゃる通りです。
今回もそうですが、
第一話は、ホント見てるのも辛かったです。
by @ミック (2010-06-10 14:57) 

@ミック

もももんががさん、コメントありがとうございます。
記事を読んで泣いていただけて、書いた甲斐がありました。
予告編のつぐみちゃん、何故か元気がありましたね~
なにかいいことがあったんでしょうか・・・
呼ばれてた名は、確か怜南ちゃんの方だった気がします。
by @ミック (2010-06-10 15:05) 

jim

松雪さんの咆哮はグッときました。
誰も悪いことはしていないのに、
引き裂かれてしまう切なさを丁寧に表現していたような気がします。

by jim (2010-06-12 01:59) 

@ミック

jimさん、コメントありがとうございます^^
松雪泰子も芦田愛菜ちゃんの演技に、
触発されないわけにはいかないでしょうね~
by @ミック (2010-06-13 07:46) 

pandan

今日は雪になりそうです。
by pandan (2017-02-10 07:07) 

ぴーすけ君

「Mother」泣きました~
今までにない角度での「親子」「家族」に切り込んだ作品でしたね。
by ぴーすけ君 (2017-02-10 11:40) 

@ミック

pandanさん、コメントありがとうございます♪
こちらはあと1ヶ月と10日ほどは冬です^^;
by @ミック (2017-02-11 03:43) 

@ミック

ぴーすけ君さん、コメントありがとうございます^^
まさにおっしゃる通りです!
by @ミック (2017-02-11 03:52) 

ヨッシーパパ

今でこそ、名子役出身の女優(まだ、子役?)ですが、この作品の涙の演技は、視ているこちらも、涙をそそられました。
by ヨッシーパパ (2017-02-11 18:13) 

@ミック

ヨッシーパパさん、コメントありがとうございます^^
この時は、信じられない思いで見ていましたよね♪
by @ミック (2017-02-11 18:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録