So-net無料ブログ作成
検索選択

最終回を前に、怖い展開に-「Mother」 [Mother]

「Mother」第10回。
てっきり、ある方向へ物語が傾きだしたと思いながら視聴していましたが、
すっかりやられてしまったようです。
劇中の松雪泰子ではありませんが、
つぐみちゃんにミスリードされてしまいました。
相手が自分をどれだけ甘えさせてくれるのか、
わがままを言っても受け入れてくれるのか、
そういうことを瞬時に判断し、相手が喜ぶことを自然と選択している
幼くして身についたつぐみちゃんの業のなせる技だったのかもしれません。

Mother高畑淳子酒井若菜.jpg

幸せをつかみそこね、逮捕された松雪泰子。
そのことによって、養母(高畑淳子)周辺も騒がしくなり、
誹謗中傷にさらされることになってしまいましたね。
社長退任や就職内定の取り消しなど、ダメージを受けていました。
しかし、高畑淳子を始め、妹たちふたり(酒井若菜、倉科カナ)は全く恨みつらみを言わず、
とっても立派な態度で通していました。
気丈に振る舞う笑顔がいじらしく、家族の絆の強さが感じられましたね~

Motherつぐみちゃん施設で笑顔.jpg

一方、自分にかかった嫌疑の矛先をかわすため、
つぐみちゃんの穏やかな生活を奪ったつぐみちゃんの実母。
しかし結局逃れきれず、保護責任者遺棄罪で、
虐待の首謀者の恋人とともに捕まってしまったようでした。
前々回で描かれたような事情を話せば、いくらかの情状酌量はあるのかな。
ともあれ、つぐみちゃんは実母のもとへは帰らず、
松雪泰子が幼い頃過ごしたような施設で暮らすことに。

その施設内での楽しげな姿や元気そうな姿、実母がつけた名で呼ばれていたこと。
山本耕史が告げた、母性を抱いたことが罪ということと、
世間はふたりを再び逢わすことを許さないであろうということなど、
すべてが物語は仮の親子の決別を促し、そのための描写を続けているように見えました。
つぐみちゃんの心にはもう、目の前の現実しかなく、
共に暮らした濃密な時間さえ、子供心に忘れてしまったかのようにも。

ああ、やはり、実母が訪ねてきた時に幼い子に選別などさせても、
その甲斐もなく気持ちは移ろってしまった。
子供は環境に影響されやすく、しかし、順応性もありそうで、
大人の目で最善と思われる道にしっかり導いてあげる必要があるんだろうなぁ
などと徒然に思いながら観ていました。
同時に、ここまでの話、かなりシビアな内容であったのに、
不思議と明るく笑い声の多い、裏腹な描写が多いとも感じました。
それが、起こってしまったことへの諦観を促し、このまま仮の親子の絆はとぎれるのかも…と。

Mother松雪泰子高畑淳子酒井若菜倉科カナ.jpg

しかし・・・

かかってきた一本の電話。
そして、松雪泰子に下された、3年の執行猶予。

最終回、とっても不幸な展開になりそうで、今から観るのが怖い気分になってしまいました。
松雪泰子とつぐみちゃん、そして松雪泰子の実母(田中裕子)と養母。
一体、彼女らの間に、今以上にしてあげられること、話さなきゃならないことが、
果たしてあるんでしょうか。
とっても難しいことだと思いますが、最終回、それがあることを期待して、待とうと思います。

Mother田中裕子高畑淳子.jpg

今回は、田中裕子が幼い松雪泰子を手放すに至った理由の詳細が判明しました。
今は穏やかに見えますが、胸の中には激情があったようですね。
そんな激情が、死をも恐れぬ強い気持ちで娘を守りぬく行動の源として、
彼女の血の中に脈々と流れているのかもしれません。
そしてその血筋を受け継ぐ娘にも・・・

田中裕子からは、大事な一日があれば、
それだけで十分良い人生だったと思えるという旨の言葉もありました。
でもそれは、その大事だと思った日の気持ちが、ずっと変わらぬと思えればこそなのでは?
最後に、その確認をさせてあげたいですね。

<関連記事>
最終回、つぐみちゃんがくれた奇跡の一日-「Mother」
希望への旅立ち、そして無情の天気雨-「Mother」
道木怜南との二度目の決別-「Mother」
命より大事な用事-「Mother」
つぐみちゃんを帰そうとする三つの力-「Mother」
美しき母のやきもち-「Mother」
山本耕史って…-「Mother」
子から母への無償の愛-「Mother」
母になり、そして母を訪ねる-「Mother」
大人びた詩人な少女に惹かれた女:松雪泰子-「Mother」


泣き顔スマイル

泣き顔スマイル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: rhythm zone
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: CD



日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック

日本テレビ系水曜ドラマ「mother」 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ,REMEDIOS
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: CD

ブログトップへ戻る
nice!(83)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 83

コメント 6

もももんがが

今朝みてきました(笑)

今回の回では、妹の恋人の「どうしたんすか?」の軽い言葉により、一家に笑顔が戻った瞬間が好きな場面です^^

来週、どうなっちゃうんでしょうか。
なんかどっちに転んでも悲しい結末になりそうな・・・。
いえいえ、信じて待つしかないですね・・・ドキドキです。


by もももんがが (2010-06-17 09:50) 

デルフィニウム

@ミックさんの解説が今日はリキが入っています。
by デルフィニウム (2010-06-17 11:34) 

@ミック

もももんががさん、コメントありがとうございます^^
冒頭の、窓?から入ってきたお兄さんのシーン、良いシーンでしたね(^_^)
なにか真っ当な道で、松雪泰子がつぐみちゃんにしてあげられること、
あればいいんですけど。
物語の途中、元気に振舞うつぐみちゃんを見て、
落胆する松雪泰子に、『悲観しなくてもいいんだよ』って、
ずっと声をかけたい気持ちで一杯だったのですが、
すっかり、つぐみちゃんにやられてしまいました。
by @ミック (2010-06-17 13:45) 

@ミック

デルフィニウムさん、コメントありがとうございます^^
どのドラマも終盤にさしかかり、
観る方にも自然とリキがはいってしまいますね(^_^)
by @ミック (2010-06-17 13:46) 

jim

今回のミックさんのコメントはいろんな見方があるんだなと
改めて思わされ、非常に思い入れを感じました。
それにしても、地味目な展開だったと思っていたのですがツグミちゃんの
最後の演技にはやられましたね。最終回楽しみです。
by jim (2010-06-18 17:39) 

@ミック

jimさん、コメントありがとうございます^^
最終回、世間が認めてくれるなんてことが、あるんでしょうかね~
山本耕史が相当頑張らないと、難しいかも・・・ですね。
by @ミック (2010-06-19 18:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録