So-net無料ブログ作成

鉄壁の二遊間がかえって・・・キター! [スポーツ]

金子誠が戻ってきて、鉄壁の二遊間が復活しました(^_^)
同じく戻ってきた武田勝の復帰戦も力強くサポートしました。
主力が多く離脱して心配しましたが、結局戦力の底上げという結果で、災い転じて福となるといったところでしょうか。
新外国人ボッツもいるんで外野・DHどうするのかな~?
オリックスには9回におみやげあげたんで、気をよくして次のソフトバンク戦頑張って欲しいですね。



輝け!ファイターズ

輝け!ファイターズ

  • 作者: 泉 直樹
  • 出版社/メーカー: 北海道新聞社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

三尊天井(BlogPet) [ブログペット]

@ミックの「三尊天井」のまねしてかいてみるね

残念ながら、三尊天井にならざるを確認したら、サブプライムローンで利!
ダイビルの声明を110円抜きで利♪

*このエントリは、ブログペットの「ライオネル」が書きました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

春のドラマもそろそろおしまいですね [ドラマ]

「ラスト・フレンズ」の特別編やってましたが、振り返ってみるとやっぱりちょっと暗い気持ちになりますね。
視聴率も終盤2回ほどの勢いはなかったようです。
あとはやっぱり、キムタクが終盤追い上げなるかってところが焦点かな~
まずは、最後の2回で「ラスト・フレンズ」を越えられるかどうか。
その次は「ごくせん」の初回の視聴率を超えられるかどうか。
そして最後は、「ごくせん」または「ガリレオ」の平均視聴率を超えられるかどうか。
キムタクが面目を保てるかどうかは、ここにかかっているかも知れません。
私自身は、「ごくせん」よりも「ラスト・フレンズ」よりも「CHANGE」の方が断然おもしろいと感じます。


Prisoner Of Love(CD+DVD)

Prisoner Of Love(CD+DVD)

  • アーティスト: 宇多田ヒカル
  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

羞恥心、花より男子に破れる? [芸能]

島田紳助が自信を持って送り出したと思われる、羞恥心の第2弾シングル「泣かないで」。
第一弾が息の長いヒットとなり、メンバーのブログのアクセス数もギネス級となるなど、初登場一位の予感がビンビンでした。
曲の評判も良く、テレビ収録の見学者が思わず涙してしまうほどの出来映え。
ところが、どうも今のところデイリーチャートで「花より男子ファイナル」の主題歌(嵐)にダブルスコアでまけているようですね。
意外でした。
「花より男子」もキラーコンテンツですからね~
ジャニーズも、さすがの強さですね。
余談ですが、羞恥心と同じ番組に出ているmisonoの新曲も、ひさびさにベスト10に入る勢いみたいですから、一番得したのはもしかしたらmisonoかもしれません。


One Love(初回限定盤)(DVD付)

One Love(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 嵐,youth case,石塚知生
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: CD



泣かないで(DVD付)

泣かないで(DVD付)

  • アーティスト: 羞恥心,高原兄,カシアス島田,斎藤文護,岩室晶子
  • 出版社/メーカー: PONYCANYON INC.(PC)(M)
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: CD



二人三脚(DVD付)

二人三脚(DVD付)

  • アーティスト: misono,PLECTRUM
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「絶対彼氏」や「おせん」が終わりました [ドラマ]

「絶対彼氏」と「おせん」が終わりましたが、最終回は特に特筆するものはなかったかな。
「おせん」ははじめて表で見た(いままでは「無理な恋愛」を見ていました。)んですが、料理、うまそうでしたね(^_^)
「絶対彼氏」は無事終了し、相武紗季主演のドラマで初めて?平均二桁取ったんで、ヤレヤレかな。
昨日の「笑っていいとも」にもこみちくんと二人して出てるのをチラッと見ましたが、ふたりともものすごく好感の持てる態度でしたね~
特にもこみちくん。
ちょっと前に、母性本能をくすぐる態度・ふるまいは?というアンケートで、チュートリアル福田の一挙手一投足という答えがありましたが、もこみちくんも負けてなかったと思います。
久本の気持ちもわかりますね(^_^)

「絶対彼氏」のもこみちくんと「僕の彼女はサイボーグ」のあやせはるか。
ふたりとも最強の人造人間でした(笑)


絶対彼氏。 6 (6) (フラワーコミックス)

絶対彼氏。 6 (6) (フラワーコミックス)

  • 作者: 渡瀬 悠宇
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

今回はうるっとくる場面、なかったですね [ドラマ]

「CHANGE」、何故か唐突に15分拡大してましたね。
しかしながら、今回はうるっとくるシーンはありませんでした。
これでもかというほど、辛い出来事の連続でしたが、この回では完結せず、次週以降へ持ち越しとなりました。
この回だけを見るとカタルシスがなく、モヤモヤした気持ちのままで終わっちゃいました。
ライバルの「ラスト・フレンズ」が次々と衝撃の事実をたたみかけてたんで、同じようにやってみようということかな。
自分としては、一日一回うるっとくるパターン、好きでしたけどね~
それはそうと、「ラスト・フレンズ」のおまけの1回って何やるんでしょうね?
電車男でも、そういうのあったな~
あのときはスピンオフ企画でしたけど。


CHANGE オリジナル・サウンドトラック

CHANGE オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

休みばっかり・・・「ROOKIES」 [ドラマ]

「ROOKIES」、また、バレーで休みでしたね(^_^;)
いくら新しい枠で勝手が違うと言っても、さすがに休み過ぎでは?
せっかく「ごくせん」追撃態勢に入ってたところなのに、見てる方も拍子抜けしちゃいますね。
それにしても「ごくせん」は調子が悪い。
「すべらない話」は僅差でかわしたみたいですけどね~
「CHANGE」のライバルは「ごくせん」から「ラスト・フレンズ」にかわりましたかね?


キセキ(通常盤)

キセキ(通常盤)

  • アーティスト: GReeeeN
  • 出版社/メーカー: NAYUTAWAVE RECORDS
  • 発売日: 2008/05/28
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

気持ちってどこにあるかな(BlogPet) [ブログペット]

ライオネルは気持ちがほしいな。
気持ちってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「ライオネル」が書きました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

「ホカベン」終わりましたね [ドラマ]

ドラマ全般において、堂本弁護士の、弁護するというよりも罪を裁くという考え方がずっと気になってました。
弁護士同士のやりとりで、過剰に責めるから過剰に守るのであって片方が裁判官みたいに中立になってしまえばシステムが成り立たない気もします。
ただ、その過剰なやりとりを通して、原告や被告を必要以上に傷つけてしまうというのはおかしな話なんだよな~
心や体(や財産)を傷つけられたから裁判になってる訳ですが、裁判中のやりとりならどんなに相手を傷つけても、原則、罪に問われないんですよね~
過剰なテクニカルなやりとりをしているわけですから
そんなのしょっちゅうでしょ。
現実は、それが容認されてるわけです。
もうひとつ、一般的にテクニカルな手法は悪印象で、正直な気持ちの訴えは好印象となっていますが、正直な気持ちを訴えるというテクニック(要するに偽善的ということですね)もあり、これが一番タチが悪いように感じます。
このテクはパラノイア的な人ほど使い、謙虚な人ほど使えないんじゃないでしょうか。
ただ社会的な評価は使った人ほど高くなっているように感じますので、自分の幸せのためには使うべきなのかも知れません。



ホカベン (2) (イブニングKC)

ホカベン (2) (イブニングKC)

  • 作者: 中嶋 博行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/08/23
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

僕の彼女はサイボーグ [邦画]

この秋冬に、またまた「綾瀬はるか」のドラマが始まりましたね。
特異な設定で話題を呼んでるようです^^
彼女は、このところスクリーンでの活躍が目立ち、
ドラマでの印象は希薄になっていましたが、
久々に戻ってきたなぁという感じですね。
ご本人に関しては、さすがにフレッシュな感じはなくなってきましたが、
いまだに好感度は高いようです。

そして、綾瀬はるか史上、最もいい女ぶりを発揮していたのが
この映画、「僕の彼女はサイボーグ」ですね♪
当時、ラストがとんでもハップンだという噂を聞いて、辛抱堪らず観に行ってきました。
なるほど、仰天のラストだったですな~(^_^;)
噂を知らなんだら、どんだけ驚いたか・・・
綾瀬はるかをスクリーンで見たのは初めてでした。
最初の出会いのシーン、あんな娘にあんな風にされたらイチコロですね。
でも、あれができる女の子っていないんだよな~
かえって、男の子はあんな風にされるのがきらいだと思ってる女の子の方が多いかもしれないですね。
男の子もあまり認めようとはしませんが、心の底では確実にやられてると思います。

そんな綾瀬はるかを観ることができるこの映画ですが、
残念ながら、しばらくは封印されてしまうことになりそうですね^^;
何故かと言うと、相手役があの人なんですよねぇ。
未見の方には、とても残念なことですね。

僕の彼女はサイボーグ.jpg

Haruka Ayase in Cyborg She 『僕の彼女はサイボーグ』公式ガイドブック

Haruka Ayase in Cyborg She 『僕の彼女はサイボーグ』公式ガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2008/05/16
  • メディア: 大型本



nice!(337)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録