So-net無料ブログ作成
検索選択

健くん、誇り高いところに戻ってきましたね^^-「冬のサクラ」 [ドラマ]

「冬のサクラ」の第6回。
高嶋政伸の夫ぶり、だんだんいろんな所で注目されだしたみたいですね。
気持ちの問題は気持ちで解決するのが一番だと思いますが、
気持ちが通じ合ってないと、結局金の問題とかになってしまうんですよねぇ。
そうしろとまわりでそそのかす輩もいるでしょうし、
その中で人として誇りの持てる選択をすることはとっても難しい。
でもそのぎりぎりのところに、その人の本当の人間性が表れるのだと思います。
マザコンに育ててしまった母も、
小さい頃は子どもに愛情を注ぐ良い母と言われたのでしょうから、
過ぎたるは及ばざるが如しというところでしょうか。

冬のサクラ佐藤健加藤ローサあげまん.jpg

一方、ギリギリのところで誇り高い生き方を選んだのが健くんでした。
結局、健くんは周囲の人に恵まれてますね。
人に恵まれると、自分自身も真っ直ぐになれるからいいですよね。
そしてやっぱり加藤ローサはあげまんだと思います。
どうやっても幸せになれる人なんじゃないでしょうか。
そういう人のパートナーとして選ばれた人はほんと、ラッキーですね。

今井美樹、「手術が終わったら、私たちのこれからのこと、ちゃんと話し合いたいと思ってます。」
なんて夫に言ってました。
不用意だし手術のプレッシャーを理解してない発言だったかもしれませんねぇ。
夫に対して言いたいことだったのかもしれませんが、
これから手術をしてくれる先生に言うのはどうかなぁ。
もっとも江波杏子も、明日手術を控える今井美樹に、
一気に具合が悪くなりそうなこと言ってました(^_^;)

冬のサクラ草彅剛今井美樹高嶋政伸.jpg

不倫してる二人は自己陶酔に陥りやすいと言われますが、
自分の気持に正直なら何をしてもいいということでもないと思うので、
そこらへんは、きちんと葛藤して欲しいと思いますが、どうでしょう。
まぁ、好きな女の前では男らしくカッコつけたいという気持ちはわかりますけど。

その点、健くんにカッコイイこともカッコ悪いことも、
いつも正直に話させている加藤ローサは、やっぱりえらいかな。

<関連記事>
久しぶりに兄弟が一緒に住みましたが・・・-「冬のサクラ」
命と記憶の天秤-「冬のサクラ」
なんとなく冬彦さんぽい?-「冬のサクラ」
なんで嫌われてるんだろ?-「冬のサクラ」
純愛、そしていい兄貴がここにもひとり-「冬のサクラ」


日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: SMD itaku (music)
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD



Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(109)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

久しぶりに兄弟が一緒に住みましたが・・・-「冬のサクラ」 [ドラマ]

「冬のサクラ」の第5回。
夫(高嶋政伸)に言わず手術をしないと決めた妻(今井美樹)。
勝手に決めるなと言う夫に対して、私の人生はあなたのものじゃないと答える今井美樹。
なんだかやりとりが殺伐としてましたね。
高嶋政伸の言葉、
今井美樹が言うような病院のメンツだけを考えて発した言葉ではないようにも思えましたが、
相談しようとしたときに、あれだけ無視されたら、そう思いたくもなります。
やっぱり夫婦生活は破綻してるとみるべきでしょうか。

冬のサクラ今井美樹高嶋政伸話し合い.jpg

最初は妻が大事だったはずが、娘が生まれて大事なものが娘にシフトしてしまったのかな。
でも妻の一大事ということになって、
やっぱり妻も大事だということを思い出した、というところでしょうか。

妻が大事で愛してる、それなのに失いそうだということになれば、
なかなか冷静ではいられないと思いますが、「役者やノォ」な対応をして丸め込むところは
ビジネスの世界の成功者らしいですね。
人の気持を操る術にも長けているというとことでしょう。
草彅くんにも最初、そういう対応を見せていましたけど、
腹に据えかねていたのか、厳しい本心を見せてしまっていました。
その後は本心を見せっぱなし。
それが草彅くんにとって、今井美樹を救おうとする動機になってしまったのは皮肉ですね。

冬のサクラ草彅剛今井美樹東京タワー.jpg

東京に出てきた草彅くん。
早速、今井美樹と2回も逢っていました。
1回目は珍しく今井美樹からのお誘いでした。
草彅くん、高嶋政伸に翻弄されて、少し迷ってましたからね。
その逢瀬の中で、今井美樹がうまい間接的な愛情表現をしていました。
見習いたいです。

冬のサクラ佐藤健夜食.jpg

久々に一緒に暮らした草彅くんと佐藤健くんの兄弟。
共に暮らすのを楽しむ間もなく、高嶋政伸に踏み込まれてしまいました。
でも、ふたりっきりの素敵なエピソードがありましたよね。
ホント、いい兄弟です。

冬のサクラ佐藤健加藤ローサ.jpg

そしてやっぱり、加藤ローサはあげまんじゃなかろか。
恋人でありながら、母性が強い感じですね。
実質的に母がいなかった健くんには嬉しい存在かな。
健くん、兄貴と恋人に囲まれて暮らしていますが、
ある意味父母と暮らしているようでもありますね。

<関連記事>
命と記憶の天秤-「冬のサクラ」
なんとなく冬彦さんぽい?-「冬のサクラ」
なんで嫌われてるんだろ?-「冬のサクラ」
純愛、そしていい兄貴がここにもひとり-「冬のサクラ」


日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: SMD itaku (music)
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD



Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(108)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

命と記憶の天秤-「冬のサクラ」 [ドラマ]

冬のサクラ草彅剛今井美樹スキンシップ.jpg

「冬のサクラ」の第4回。
高嶋政伸、やり方は陰湿ですけど、好きな女房に他の男がちょっかい出して来たら
冷静でいられなくなるのはわからないでもないかな。
自らの価値を誇示するのも、男ならしてみたくなるでしょうね。
でも草彅くんをみじめにし、傷つけるようなやり方は、育ちの割にはちょっと下品かな。
あまりいいしつけを受けてきてないのかもしれませんね。
あのお母さん(江波杏子)を見ていれば、わかるような気も。

冬のサクラ高嶋政伸突然登場.jpg

愛情表現もへたくそですよね。
おそらく、自分の心のなかにある妻への愛情を、自分自身は知っていて、
こんなに愛してるんだから、という免罪符があるのでしょう。
外観上、相手にその愛情が発露されていないことに気づいていない、
というか、気持ちの問題だから心の中で思っていれば、
わかってもらえると感じているのかもしれないけども・・・
心の中にある、もうひとつの気持ちのほうが表面に出てしまってますね。

冬のサクラ草彅剛見つけた?.jpg

それに比べて草彅くん、なんだかんだ言って、ちゃんと表現してますよね。
やっぱり愛って、心の問題もさることながら、伝えることなんだなぁと思ってしまいます。
今井美樹に、ジャンパーをかけてあげて、そのまま両手を離してませんでしたね~
そういった、スキンシップも上手です。
純情そうに見えますけど、そういったところは男らしくやりますね。
いつの間にか、ぐいぐいひっぱってます。

冬のサクラ今井美樹の大切な物.jpg

それにしても今井美樹は本当に、命と自分の記憶を天秤にかけるつもりなんでしょうかねぇ。
確かに冷静に考えて見れば、自分イコール命じゃなく、自分イコール記憶なのかもしれない。
でもそこまで冷静になれるものなんだろか。
忘れたくない大切なものの中の草彅くんの比率、今、どれくらいなんでしょう。

一方の草彅くん、愛の為なら何をするにも躊躇しない気持ちのようですね。
愛情だけで生きて行けるものなのか、少し危険な匂いもしますが、
この純愛の行く末、どう結論づけられるのか、時代とのマッチングも含め注目ですね。

冬のサクラ佐藤健いい弟.jpg

草彅くんと佐藤健くんの兄弟、ホントいいですね。
加藤ローサが、うまくその兄弟愛を具現化する触媒役をつとめていると思います。

<関連記事>
なんとなく冬彦さんぽい?-「冬のサクラ」
なんで嫌われてるんだろ?-「冬のサクラ」
純愛、そしていい兄貴がここにもひとり-「冬のサクラ」


日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: Anchor Records
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD



Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

Miki’s Affections アンソロジー1986-2011<初回生産限定盤>(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(119)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

なんとなく冬彦さんぽい?-「冬のサクラ」 [ドラマ]

冬のサクラ草彅剛今井美樹ウォーターフロント.jpg

「冬のサクラ」の第3回。
草彅くんと今井美樹。
今は遠くはなれていますけど、なんだかんだって毎週逢ってますね。
倫理と感情の間で彷徨い漂うふたり。
でも、男らしいと思うのは、逢うきっかけは、必ず草彅くんの方から作ってるところかな。

おとなしそうで、とってもやさしいけど、芯の強さがうかがえますね。
近年の、草食系男子とはちょっと違います。

自分の中にある愛情が、決して自分本位な気持ちじゃなく大きな気持ちの愛情であること、
そして、相手の自分への気持ちにも根本的なところに自信があるから、
あれだけ静かに押せるのかもしれません。
折にふれて漏れ伝わる、今井美樹の言動や行動に自分への愛情をかすかに確認し、
そのことに勇気づけられ、切れそうな糸を手繰り寄せている感じでしょうか。

薄い氷の上を歩いているような、そんな危うく脆い二人の関係が、
繋がっていったとしたら、まさしく運命ですね。

冬のサクラ草彅剛東京に来てるんです.jpg

「俺、東京に来てるんです。すいません、急に。」
逢いたい人に逢いに来たら、こんな風に言えばいいのかな。
これを言ったときの草彅くんと、この言葉を聞いたときの今井美樹の気持ち、
合ってましたね。
急なことでも気持ちが合うのは、
それだけ互いに相手のことを想う時間が長かったということなのでしょう。

冬のサクラ高嶋政伸冬彦.jpg

それはそうと、高嶋政伸。
なんとなく冬彦さんぽくなってきたような気がします。
冬彦さんなら、いつか甘えんぼさんの正体を現して、
ガタガタ崩れていくかもしれませんが、どうでしょう。

冬のサクラ佐藤健俺も言っちゃった.jpg

草彅くんと佐藤健くんの兄弟の絆。
やっぱりいいですね。
加藤ローサも、うまく仲介役を務めているようです^^

<関連記事>
なんで嫌われてるんだろ?-「冬のサクラ」
純愛、そしていい兄貴がここにもひとり-「冬のサクラ」


日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

日曜劇場 冬のサクラ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: Anchor Records
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD



ずっとあなたが好きだった DVD-BOX

ずっとあなたが好きだった DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


ブログトップへ戻る
nice!(128)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録