So-net無料ブログ作成
検索選択

新春ドラマサマリー2012その5 [ドラマ]

お疲れ様です。

ハングリー瀧本美織4.jpg

「ラッキーセブン」も「ハングリー」も最終回を迎えましたね。
しかしどちらとも、鮮やかな幕切れとなったかどうか・・・

ハングリーみんな.jpg

<ハングリー!>
急転直下、フランス行き取りやめになってしまいましたね(^_^;)
なんだか元に戻っただけのような・・・
何をゴールにしていたんでしょう。
瀧本美織と国仲涼子の勝負もつかずじまいのようで、
一体、何を成し遂げたのかさっぱりわからないような、
最終回感に乏しい終わり方だったような気がします。
きっちり目指すものを決めて、そこに到達したかしないか決着つけて欲しかったように思います。
もうちょっと頑張って欲しかったなぁ。

ラッキーセブン7人集.jpg

<ラッキーセブン>
松嶋菜々子に思い入れを持たないまま
松嶋菜々子のピンチを見せられても
なかなかハラハラできないかな~
もう少し、松嶋菜々子に感情移入できるようなエピソードの追加、
必要だったんじゃないでしょうか。
あのロボットのようなミタさんでさえ、
感情破綻するシーンがあり、
そこで視聴者はのめり込んでいったわけですからね。
ピンチになるのが他のメンバーだったらもっと感情移入できて楽しめていたかも。
松嶋菜々子に関する前フリが厚いか、
前フリが終わっていたメンバーのピンチ、救出劇だったらなぁ。
ちょっと残念でしたね。

<関連記事>
新春ドラマサマリー2012その4
新春ドラマサマリー2012その3
新春ドラマサマリー2012その2
新春ドラマサマリー
ゲバって何だろう?-「銭ゲバ」
向井理の自然なスキンシップ-「ホタルノヒカリ2」
いざというとき、側にいてくれるのは、誰?-「最後の約束」


フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]

フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2011/06/20
  • メディア: 雑誌



ラッキーセブン

ラッキーセブン

  • 作者: 百瀬 しのぶ
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2012/03/15
  • メディア: 単行本



ROCK ME BABY

ROCK ME BABY

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2012/02/08
  • メディア: CD



ブログトップへ戻る
nice!(82)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

新春ドラマサマリー2012その4 [ドラマ]

お疲れ様です。
一週間のご無沙汰です。

新春ドラマ、平均視聴率で「ラッキーセブン」が「ストロベリーナイト」を逆転したようですね。
最終回、瑛太が復帰するようですから、このまま行きそうな感じです。

平清盛深田恭子.jpg

<平清盛>
女の戦いが凄まじいですね。
再び深キョンが登場してきましたね。
相変わらず源氏物語好き。
加藤あいとバトンタッチといったところでしょうか。
加藤あいは助けた人から疫病をうつされたみたいでしたね。
そして崇徳天皇、怨霊への道、一直線かな?

ハングリー瀧本美織3.jpg

<ハングリー!>
なんか、稲垣吾郎の軍門に降った感じがして、ちょっと拍子抜けですね(^_^;)
吾郎ちゃん、今、向井くんの料理に心を奪われているなら、
特にフランスへ修行に出さなくても良いのでは・・・?
味はともかく、料理の知識をさらに仕込めってことか?
しかし、突然の矢田亜希子でした。
しかも味音痴(笑)、向井くんの料理の価値わからず。
ちょっと無理やりでしたね(・。・;
瀧本美織、グラついてるなぁ。
国仲涼子よりも価値観共有できると思いますが・・・
国仲涼子も糟糠の妻的感じもなくもないが。

ラッキーセブン松潤夏帆.jpg

<ラッキーセブン>
最終回を控えて、また少し重苦しい話に傾いたみたいですね。
次回は久々に瑛太も復活するみたい(どれくらいの時間出るのかはわかりませんが)。
もっとキャラが立つ話しじゃないと、このドラマらしくないと感じてしまいます。


運命の人真木よう子2.jpg

<運命の人>
久々に観た、重厚で見ごたえたっぷりな最終回でした。
広げた風呂敷居を閉じていくだけのような最終回とは対極をなしていた様に感じます。
失意の中に、救世主のような人と土地につつまれ蘇生していくモッくん。
運命に導かれるように、彼が成したことのひとつひとつが沖縄の真実へと結びついて行きました。
日本であり日本でない沖縄。
日本でないがゆえ、ただひとつモッくんを受け入れてくれる場所でもあったのだと思います。
そして、5年という月日が、それぞれの人の本当の気持を確認させる歳月ともなっていたようです。
5年経って、本当の気持だけが残り、収まるところに収まった。
そんな最終回だったのではないでしょうか。

<関連記事>
新春ドラマサマリー2012その3
新春ドラマサマリー2012その2
新春ドラマサマリー
ゲバって何だろう?-「銭ゲバ」
向井理の自然なスキンシップ-「ホタルノヒカリ2」
いざというとき、側にいてくれるのは、誰?-「最後の約束」


運命の人(四) (文春文庫)

運命の人(四) (文春文庫)

  • 作者: 山崎 豊子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/02/10
  • メディア: 文庫



フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]

フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2011/06/20
  • メディア: 雑誌



ブログトップへ戻る
nice!(72)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

新春ドラマサマリー2012その3 [ドラマ]

お疲れ様です。
遅くなりました。

聖なる怪物たち中谷美紀.jpg

新春ドラマもいよいよ佳境です。
いくつかは終了してしまいましたね。

<聖なる怪物たち>
JINの野風さんこと中谷美紀の思うとおりに事が運ぶかと思いきや、
岡田将生くんが、何の徳にもならないことを掘って掘って掘りまくって、
ついに風穴を開けましたね。
登場人物のそれぞれが、私利私欲で動いてる中で、
たった一人、良心の求めに応じて動いた岡田くん。
とうとう精密機械のような中谷美紀を壊してしまいました。
しかし、その結果起こってしまった刃傷沙汰や、
それを見ても責任を感じていなさそうな岡田将生なんかを考えると、
少し不毛感も残りますね。

13歳のハローワークみり谷美玲じゃこれなら?.jpg

<13歳のハローワーク>
桐谷美玲の、「じゃぁ、これなら?」、にやられました。
夢の様な出来事ですね^^
気の強い子、好きになってよかった~ってところです♪
細くて可愛いけど、熱い女の子ですね。

<平清盛>
清盛、徐々に成長してきました。
妻二人出しは反則技では?(笑)

ハングリー瀧本美織2.jpg

<ハングリー!>
瀧本美織の登場テーマが軽快でイイ感じですね^^
大事にしないと、とられちゃうかも。
とられそうになって、大切な人だと初めて気づくのか?
物語の最終的な落とし所は、やっぱり対稲垣吾郎への完全勝利なんだろか。

ラッキーセブン松潤水野久美.jpg

<ラッキーセブン>
複雑なストーリーにするよりも、事務所メンバーのキャラを全面に出すスタイルに変えたようですね。
人情話観せられるよりそっちのほうが好感が持てますね。
それだけのキャストだと思います。
水野久美がおばあちゃんやってたのには驚きましたが(^_^;)

運命の人真木よう子.jpg

<運命の人>
モッくんが、苦しい中、誇りを失わずに真木よう子をかばい続けたこと、
どこかで報われるのかと思ったら、
全く報われず、仇となり全てを失ってしまいました。
結構、えげつない筋立てです。
悲劇のまま終了かと思ったら、次回は意外な展開のようで・・・

<関連記事>
新春ドラマサマリー2012その2
新春ドラマサマリー
ゲバって何だろう?-「銭ゲバ」
向井理の自然なスキンシップ-「ホタルノヒカリ2」
いざというとき、側にいてくれるのは、誰?-「最後の約束」


運命の人(四) (文春文庫)

運命の人(四) (文春文庫)

  • 作者: 山崎 豊子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/02/10
  • メディア: 文庫



新 13歳のハローワーク

新 13歳のハローワーク

  • 作者: 村上龍
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/03/25
  • メディア: 大型本



フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]

フォトテクニックデジタル 2011年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2011/06/20
  • メディア: 雑誌



別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝 東宝特撮女優大全集 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2011/03/28
  • メディア: ムック


ブログトップへ戻る
nice!(74)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録