So-net無料ブログ作成

2016-春ドラマ 出てくるのが善意なドラマ&ネームが大事? [ドラマ]

今回もご無沙汰していますm(_ _;)m

前評判の高いドラマもあったようですが、蓋を開けてみると意外なものが人気となっていたようです。
特に、「僕のヤバイ妻」は、初回2時間ドラマみたいで、これで出し尽くし?みたいな感覚もありましたけど、
結局、全9回、押し切っちゃったみたいですね。
おまけに、結構な話題も提供したりして・・・
また、弁護士ドラマに出来の良い作品が多かった気がします。
それと、波留ですかね。
朝ドラ終わってすぐに続けてバンバン民放のドラマに主役級で出るのは、
結構、珍しいかも。
あの竹内結子でも、民放のドラマに定着したのは、
結構たってからだったような。
特に最初は顔見世程度の役柄だったように記憶しています。
朝ドラのヒロインと言っても、結局新人ですからねぇ。
人気があったらあったなりに慎重に役柄を選んだりするものですが、
波留の場合はなんかもうどっしりしちゃって、貫禄さえ感じてしまいますね。
今までにない売り出し方だと思いますけど、
けっこう成功しちゃったかな。
すでに大女優の趣さえ漂わせていますよね。
ドラマでも社長の大野くんに結構ダメ出ししてましたけど、
好みは人それぞれですが、
やっぱりそういう娘より、「電車男」のエルメスみたいな方が
男には理想的に思えるかもしれません。


重版出来.png

<重版出来!>
このドラマ、主演女優の知名度の割には前評判や期待値が高かったように思います。
原作がどれほどの人気なのか、私にはわかりませんが、
お話が面白かったので、おそらくクオリティの高いものだったのでしょう。
観ていて、ドラマもとても面白く感じましたが、視聴率的にはやや期待はずれだったようです。
裏の「僕のヤバイ妻」のショッキングな内容に話題先行されてしまったようですね。
ただ、ドラマで泣かされるところまでいくことって、あまりないですが、
これにはやられました。
何にやられたかというと、
たぶん、
予期せぬ善意との遭遇にやられたんだと思います。
そして、その多くが濱田マリが勤める書店で起こっていたような気がします。
物語の中に、何度も何度もマンガのネーム(ストーリーや見せ方の骨格のことかな?)についての
エピソードがでてきていました。
そんな話を書いている漫画自体が、だらしのないネームにもとづいていたら
洒落になりませんよね。
それぞれの人物造形やその時その時の心理、人間関係が細やかに表現されていたように感じました。
そして、その先に出てくるものが善意であるところが、一番の良い所だったかな。
素敵な作品だと思いました。
そして、原田知世や相武紗季なんかにも感じたことですが、
主演の黒木華を見出した事自体に驚きを感じます。
見出したのは岩井俊二ですよね。
何年か前に、刈谷友衣子と一緒にCSの岩井俊二の番組に出ていたのをよく目にしました。
その時の印象は、
はっきり言って刈谷友衣子はわかるけど、
もう一人はどうして?って感じで。
それが今や、映画やドラマで堂々と主演してるんですから
岩井俊二の慧眼には恐れ入るばかりです。
実際この作品中でも、真っ直ぐで、元気が良くて、ケレン味がなく、
いいとこ探しが出来て、色んな人に勇気を与えられる
とても気持ちのいい新入社員を表現していました。
それでいて、経験の浅さやそれに起因する視野の狭さなんかもちゃんと表現できていて、
そこを周囲の人々が上手にフォローするというような構図をうまく作れていたように感じました。
若いながらも、たくさんのことを同時に表現することに貪欲で
でありながらも性格俳優っぽさが見えないところもすごいところですね。
役柄同様、演技プランにもケレン味がないようです。
あとは、周囲のスタッフが頑張れば、もうちょっと可愛く見せてあげられた気がします。
「天皇の料理番」や「真田丸」の時は、そこそこに見えましたけど。


グッドパートナー 無敵の弁護士.png

<グッドパートナー 無敵の弁護士>
このドラマと、「99.9 -刑事専門弁護士-」と、評価の高かった弁護士ものが2つありました。
片方は企業法務専門、もう片方は刑事専門。
視聴率の良かったのは「99.9」の方でした。
小ネタも含めて様々な仕掛けがあって、事件の謎解きもテクニカルな内容で楽しませていました。
「グッドパートナー」の方も、汚い手で因縁をふっかけてくる、
言い替えれば、ズルいことする人間的に許せない相手に対して、
外見や所作のスマートさは保ちながら、地道な努力を重ねて
人間の正しいあり方として勝利する、という不思議な清涼感のあるドラマになっていました。
どちらも面白かったですけど、
「グッドパートナー」の竹野内豊と松雪泰子の娘が、
二人が仲良くしてるとホント嬉しそうにしてるのが、とっても愛おしかったですね。
一方、「99.9」の方は、ちょいとクールな感じもあって・・・
で、私は「グッドパートナー」のほうが良かったかな、と思っています。

<関連記事>
2016-新春ドラマ 日常における心の機微
2015-秋冬ドラマ 忘却探偵との距離の縮め方
2015-夏ドラマ なつかしワールドとブルース・リー以来の感覚
2015年新春ドラマサマリー~キレキレな草彅くん+女優陣がアツい!
夏のドラマサマリー2014~「HERO」と「アオイホノオ」それぞれの最終回~
アオイホノオ~そして最終回へ:山本美月と黒島結菜にみる「みゆき」~
夏のドラマサマリー2014~キムタク「HERO」の内容と視聴率にホッ&深夜ドラマが熱い!~
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
春のドラマサマリー2014~ハセキョーよりキョンキョンを選んだ男~
新春ドラマサマリー2014~幸せになったのは誰?
失恋ショコラティエ~いよいよ来週最終回
首の曲げ方が…「ブザー・ビート」の相武紗季
一途なジェジュン-「素直になれなくて - HARD TO SAY I LOVE YOU」
新春ドラマサマリー2014~あまちゃんコンビが見応えのある硬派ドラマ


重版出来! コミック 1-7巻セット (ビッグコミックス)

重版出来! コミック 1-7巻セット (ビッグコミックス)

  • 作者: 松田 奈緒子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/03/30
  • メディア: コミック


潔く柔く (2枚組 本編ディスク+特典ディスク) [DVD]

潔く柔く (2枚組 本編ディスク+特典ディスク) [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD


リップヴァンウィンクルの花嫁 プレミアムボックス [Blu-ray]

リップヴァンウィンクルの花嫁 プレミアムボックス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray




ブログトップへ戻る

nice!(247)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録