So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

麻子は何に惹かれたか-「グーグーだって猫である」 [邦画]

数日前に録画しておいた、「グーグーだって猫である」を観てみました。
多くの愛猫家ブロガーさんたちの前ではちょっと恥ずかしいのですが、
実は、かつて私も猫を飼っていました。
高3の夏休みのことで、夜型受験生だった私の受験勉強の友となっていました。
進学と共にお別れしてしまい、それ以来猫と一緒に暮らすことのない日々を送っています。
一応、その猫に操を貫き通していることになりますね。男の子でしたけど(笑)

猫って、自分の気に入らないものを顔のあたりにつけられると、
つけたまんまにするんだけど、あからさまにイヤな顔しますよね~
エりザベスカラーなるものをつけたグーグーを見たとき、
そんなことを思い出しました。

グーグーだって猫である2.jpg


さて、物語の主人公漫画家の麻子(小泉今日子)。
麻子が偶然出会った加瀬亮から最初おもむろにかけられた言葉が
「あんたみたいな(心を持った)人が猫飼うの、大変だな。」でした。

しばらく後、麻子の作品読後に交わした言葉が
「あんた、変わってるな」。
「あんたの書く漫画、悲しいな… でも何でか、勇気がもらえた。いつもは、これ(酒)にもらってんだけど。」
最後に
「あのさ…、(髪に)ごはんつぶついてんだけど。」
と続きます。

どうですか?心を揺さぶられますか?
たぶん、大島弓子さんの実体験か、こんな風にして欲しい…というモノ?

陳腐な表現になっちゃうかもしれませんが、敢えて書くと、

自分のアイデンテティーを認めてくれた。
自分を深く知ろうとしてくれた。
自分が力になれた。
気どらない自分でも平気。

ということでしょうか。

最初に会ってから次に言葉をかけられるまでの間、
麻子が青空に浮かぶ白い雲を見ているときの顔、幸せそうですね。
ということは、最初の言葉でもうかなりやられてるのかな~

グーグーだって猫である.jpg


グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)

グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)

  • 作者: 大島 弓子
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 文庫



nice!(193)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チュートリアル徳井による、加藤ローサの再生-「天国はまだ遠く」 [邦画]

今をときめく?チュートリアルの徳井義実の初主演映画ということで、
興味を持ったので時間をつくって観てみました。
あまり有名な作品ではないので、観たことのある方は少ないかもしれませんね。

天国はまだ遠く加藤ローサ.jpg

都会の生活に疲れ、人生にピリオドを打とうと
天橋立の松林が見下ろせる山奥の民宿にやってきた加藤ローサが、
豊かな自然や素朴な人々に囲まれて過ごすうちに、
癒され再生していく物語です。
加藤ローサを通して、観ている我々の方も同時に癒されていくような作品でした^^

天国はまだ遠く徳井義実おにぎり.jpg

徳井義実は訳あって民宿を相続し、自給自足のような生活を送りながら、
一人で切り盛りする主人役。
切り盛りすると言っても客は加藤ローサしかいないんですけど…(笑)

天国はまだ遠く徳井義実.jpg

この作品の見所は、何と言っても出会いの時のふたりの距離の縮め方。
最初の朝に、自然の物でつくったおいしそうなごはんを用意して、
さりげなく、「一緒でええかな…」なんて、ハンサムくんにしか、言えませんよね^^

天国はまだ遠く徳井義実加藤ローサ.jpg

加藤ローサも素直に応じて、あっという間にさしめし。
この時の加藤ローサのおいしそうな顔、よかったですね~
これがなければ加藤ローサも長くは居つけなかっただろうし、
再生もされなかったわけですから、
すべてはここから始まった、というところ。
あとは、映画の世界に身を委ねれば、自然と2時間、
いい気持ちで過ごせるといった寸法です^^

日本映画の小作品も、なかなかやりますね。


天国はまだ遠く (新潮文庫)

天国はまだ遠く (新潮文庫)

  • 作者: 瀬尾 まいこ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 文庫



nice!(462)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録