So-net無料ブログ作成
検索選択
八日目の蝉 ブログトップ

最終回、奇跡は誰に起こったか?-「八日目の蝉」 [八日目の蝉]

「八日目の蝉」、この母性をめぐる数奇な物語もついに最終回。
これまでは、ほぼ檀れいの一人称で語られてきた物語も、
最後に、大人になった少女の心情が語られる時がきました。
さらに、少女の回想を通して、実の母の心情と思えるものの描写もあったようです。

八日目の蝉板谷由夏.jpg

五年ぶりに救出された少女。
恵里菜っていう呼ばれ方に違和感がありましたね。
檀れいの影響を色濃く残す姿を見て、
再会した実母に、一瞬にして嫌悪されてしまいました。
そして、言葉遣いで再び嫌悪。
日常生活の節々に、
娘に対する愛情と檀れいへの憎しみがないまぜになった感情が、
実母から少女に浴びせられていたようです。
人と交わるとき、たとえ実の親子であろうとも、
心が合っていなければ幸福になれないのかもしれません。
取り戻す日を待ちに待った娘ではありましたが、
その待ちに待った気持、初めて実母を認識する娘には理解できようもなく、
そして母は、小豆島の美しい自然の中で溌溂と生きてきた娘の生活を知りようもなく、
溝を埋める術もないまま、互いが我慢の中で暮らすことを余儀なくされたようでした。
この親子の再会に、奇跡は起こらなかったようですね。

八日目の蝉北乃きい岸谷五朗.jpg

まがりなにりも実母のため、
檀れいのことを忘れるよう心がけていた北乃きいではありますが、
ただ一点、別れ際に発せられた檀れいの一言が気になる様子でしたね。
再び小豆島を訪れようと決心した理由は、たぶんそこでしょう。
島で再会した岸谷五朗が、北乃きいに伝えたその言葉。
とっても、日常的で素朴な言葉でした。
まるで、素朴な愛情こそ真の愛情とでも言いたげなその言葉に、
北乃きいの想い出は一気に蘇り、
檀れいと暮らした日々の出来事を思えば、
自分に宿る小さな命を大切にせずにいられない気分になったようでした。

八日目の蝉檀れい小豆島を眺める.jpg

そして、檀れい。
獄中で届けられない手紙を少女に書き、
出所後も少女と暮らした日々が忘れられず、対岸から島を眺めていました。
島を眺めてる顔、とってもきれいでしたね~
確かに、憶えている限り、想い出は永遠と思います。、
しかし、想い出だけで生きていけるほど、人は強くないのも確か
新しい生きる糧を見つけて欲しいと願わずにいられませんが、
そんな檀れいに、思いがけない偶然がやってきていました。

八日目の蝉檀れい再会.jpg

自分が母性のすべてを賭けて育てた少女を見かけたからと言って、
犯した罪を思えば、容易に声がかけられるものでもないと思います。
そして、母がその母性でずっと思い続けたからと言って、
声をかけた瞬間に、子も親と同じ思いでいてくれる可能性はものすごく低い。
そのことは、物語中でも、
坂井真紀と息子の再会や板谷由夏と娘の再会で語られていました。
あるいは一面を見れば、吉行和子と坂井真紀の再会でも語られていたと言えるかもしれません。
しかし、この時の北乃きい、きっと檀れいのことを考えていましたよね。
神様は、檀れいにだけ子と心を合わせられる奇跡をくれたようです。
罪を償った後に、親子同じ気持でいる時にまなざしを交わすことができ、本当によかったですね^^
北乃きいも、不実の子は宿しましたが、その先の罪は犯さないと強く心に決めたようでありました。

余談ですが、火曜日は来週から「ジェネラル・ルージュ…」に集中しようと思ってましたが、
予告編を見ると、NHKの次回作もなんとなく面白そう…どうしようかなぁ。

<関連記事>
親子はいつか別れるもの-「八日目の蝉」最終回に北乃きいの解答?
母として女として-「八日目の蝉」-親子の心の答え合わせは?
刹那的に訪れた至福の時間-「八日目の蝉」
なにやら怪しい施設に引き取られました-「八日目の蝉」
母性をめぐる数奇な物語-「八日目の蝉」の壇れい
この道をクロスバイクで走りたい-「ハルフウェイ」岡田将生と北乃きい
キムタクの正座がきれい-「武士の一分」


八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



童神 ~私の宝物~

童神 ~私の宝物~

  • アーティスト: 古謝美佐子,MAKI,村井大,Sin
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(408)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

母として女として-「八日目の蝉」-親子の心の答え合わせは? [八日目の蝉]

「八日目の蝉」第4回。
冒頭、2週ぶりに北乃きいが登場していました。
これまでのお話で、檀れいの少女への思いは痛いほど伝わってきていたので、
親子の気持ちの答え合わせが行われるのか?と期待しましたが、
そこらへんはまだまだひっぱるみたいですね。
チラつかせただけで終わりました。
こう、小出しにされると、もう最終回まで観るしかないです^^

八日目の蝉北乃きい.jpg

今回は男に対してかたくなに心を閉じていた檀れいの、
女としての気持ちを開放させるまでの物語、といえるのでしょうか。
気持ちと裏腹な言葉への反応が、とっても興味深かったです。

八日目の蝉檀れい岸谷五朗.jpg

まず岸谷五朗は、檀れいの美貌に惹かれたのはまちがいのないところ。
そして、ワケあり風なところも、興味を持たせられるとともに、
近寄りがたさの敷居を低くする効果があったと思われます。
ただ、大抵の男は一旦追い払われると
気持ちが萎えてしまったりするものではないかと思いますが、
めげずに時につけ、不器用ながらやさしさを与え続けた気持ちの強さやこだわりは、
たいしたもんだったんじゃないでしょうか。
そして、決定的だったのが、別れた妻やなくした子への思いの告白。
それがどうして好きな人やかわいい子供のを気持ちを引き寄せることに繋がるのか、
論理的には全く結びつきませんが、どうも人の心ってそういうものらしい…
心のある人なら誰もが解る納得のシーンで、そのへんが深いな~と感じました。

八日目の蝉檀れい小豆島の暮らし.jpg

坂井真紀の実家でお世話になって、海を見ながら幸せに暮らす日々、よかったですね^^
そういう場面のあるドラマ、好きですよ。
ただ、この親子は互いへの(特に母の)依存度の強さがちょっと気になりますね。
来週、坂井真紀との対決?があるのかも気になるところです。

<関連記事>
最終回、奇跡は誰に起こったか?-「八日目の蝉」
親子はいつか別れるもの-「八日目の蝉」最終回に北乃きいの解答?
刹那的に訪れた至福の時間-「八日目の蝉」
なにやら怪しい施設に引き取られました-「八日目の蝉」
母性をめぐる数奇な物語-「八日目の蝉」の壇れい
この道をクロスバイクで走りたい-「ハルフウェイ」岡田将生と北乃きい
キムタクの正座がきれい-「武士の一分」


八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



童神 ~私の宝物~

童神 ~私の宝物~

  • アーティスト: 古謝美佐子,MAKI,村井大,Sin
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(422)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

親子はいつか別れるもの-「八日目の蝉」最終回に北乃きいの解答? [八日目の蝉]

小豆島で坂井真紀の実家に身を寄せ暮らす檀れいと少女。
島に暮らす人々の温かさと、広い空や青い海の大いなる愛に見守られ、
束の間の安穏な日々を過ごしていたようですね。
檀れいはまるで、少女の成長を通して、人生をもう一度生きていた気分のようでした。
教室から砂浜の見える小学校、よかったな~

八日目の蝉檀れい砂浜の見える小学校.jpg

今回は、坂井真紀が実家に戻ってきました。
子供を奪われた側と奪った側という立場の違いが明らかになり、
互いの言い分が交錯するのか?と思いきや、
檀れいは、その立場の違いを明かさず、友情はキープされました。
そのかわりに、本当の親子の姿というものを垣間見ることに…

八日目の蝉檀れい坂井真紀吉行和子.jpg

坂井真紀親子、娘は離婚し傷ついてはいますが、ごく普通の母娘関係ですよね。
大きくなるまで共に暮らし、娘は結婚を機に家を出、
ひとりなって久々に母の顔を見に来たところで、
ちょっと照れくさいだけで、気がねなく甘えられます。
娘は離婚の時に味方してくれなかったと嘆きますが、
母は娘のために我慢も必要と心を鬼にしただけで、
その底流に流れているのは愛情以外の何ものでもありません。
娘だって心の底では本能的にそれがわかっていて、
それでもあえて弱い気持ちをぶつけられるやさしさをそこに見ているはず。
だけど、そんな心を許した関係でも、子が大きくなれば、
一緒にいると窮屈になってきてしまうものでもありますよね。
母はいつまでも娘が子供だった時代のように、あれこれと世話を焼きたいと思いますが、
当時のような親子関係に返ることはなく、それが寂しくもあり嬉しくもあるというような。

親子はいつかは別れるもの。
檀れいと少女にも遅かれ早かれ別れの時はやってくるはずでしたが、
ただ、その時があまりに早かった。

檀れいのしたことは、罪深いことです。
少女の実の母やその家族の悲しみの深さはとても深い。
罪を償う必然のあることでしょう。
問題は、あの少女にとっての檀れいはどうだったのか、ということ。
檀れいはあの少女に幸せをあげていたのか。
それは実の母やその家族から貰うはずであったものより、上質のものだったのか。
少女のその後の人生に影を落としたのか。
なにより、少女自身は檀れいや、彼女と暮らした日々を、心のどこに置いているのか。
最終回、北乃きいの解答が待たれるところですね。

八日目の蝉檀れい老けメイクでもきれい.jpg

今回の檀れい、過ごした年月を表現するためか、美しさを多少セーブしている感じがしました。
予告編を見ると、老けメイクながら美しさが復活していたようでしたので、その点も楽しみです。

<関連記事>
最終回、奇跡は誰に起こったか?-「八日目の蝉」
母として女として-「八日目の蝉」-親子の心の答え合わせは?
刹那的に訪れた至福の時間-「八日目の蝉」
なにやら怪しい施設に引き取られました-「八日目の蝉」
母性をめぐる数奇な物語-「八日目の蝉」の壇れい
この道をクロスバイクで走りたい-「ハルフウェイ」岡田将生と北乃きい
キムタクの正座がきれい-「武士の一分」


八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



童神 ~私の宝物~

童神 ~私の宝物~

  • アーティスト: 古謝美佐子,MAKI,村井大,Sin
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(402)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

刹那的に訪れた至福の時間-「八日目の蝉」 [八日目の蝉]

「ジェネラル・ルージュの凱旋」とまるかぶりの「八日目の蝉」、
またしても一日遅れの視聴となりました^^;
前回逃げ込んだちょっと怪しげな宗教団体。
清潔そうで、結構いい感じの制服でした。
とりあえずやってることは野菜やパンの生産/販売などで、
危険なことはしてなかったみたいでしたね。
なんだか男に対するトラウマがあるようではありましたが・・・
そういったことには詳しく触れてはいませんでした。

八日目の蝉壇れいシスター服.jpg

壇れいと略奪した娘、苦労を分かち合うちょっと恵まれないだけの普通の親子に見えました。
この二人の関係の成り立ちを忘れてしまいそうになるほどに。
それを見て感化を受けた坂井真紀。
当然、自分も・・・と、思いますよね。
思い入れたっぷりで禁じられたわが子との再会に赴きますが、
予告なしで突然現れて、子供によい反応しろと言っても無理だよなぁ。
冷静に考えれば、子供の心の奥底にある思いと、
一瞬の反応とは違うはずですが、
目の前に突きつけられたことがすべてと思っちゃいますよね~、どうしても。
そして、悲しい想い出として残ってしまうんでしょうね。
やるせないですね。

八日目の蝉坂井真紀子供と再会.jpg

坂井真紀、思わず取り乱してましたが、
それでも子供の今の幸せを壊すようなことは言わずに思いとどまったので、
立派でした。
本当の愛情のある証拠でしょう。

こういう描写を見ていると、目の前にいる壇れいが、
子供と母親を引き裂いた側の人間だと言う事実を知る日が、
坂井真紀に来るのか、ちょっとこわくなりますね。

八日目の蝉壇れい遊園地.jpg

身を寄せていた宗教団体がマスコミに知られるところとなり、
再び放浪する壇れいと少女。
逃げて外の世界に触れ、一瞬、楽しい時間を持つことが出来たようです。
その幸せが、刹那的なものとわかっているだけに、
かえって観てる方の胸が苦しくなるようなシーンでした。

予告編を見ると、坂井真紀との縁はまだまだとぎれないようで、
立ち位置がどう変わっていくのか、不安な気持ちも含めて、気になりますね。

<関連記事>
最終回、奇跡は誰に起こったか?-「八日目の蝉」
親子はいつか別れるもの-「八日目の蝉」最終回に北乃きいの解答?
母として女として-「八日目の蝉」-親子の心の答え合わせは?
なにやら怪しい施設に引き取られました-「八日目の蝉」
母性をめぐる数奇な物語-「八日目の蝉」の壇れい
この道をクロスバイクで走りたい-「ハルフウェイ」岡田将生と北乃きい
キムタクの正座がきれい-「武士の一分」


八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



童神 ~私の宝物~

童神 ~私の宝物~

  • アーティスト: 古謝美佐子,MAKI,村井大,Sin
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(413)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

なにやら怪しい施設に引き取られました-「八日目の蝉」 [八日目の蝉]

「ジェネラル・ルージュの凱旋」とまるかぶりしてしまって、
「八日目の蝉」の第2回は1日遅れての視聴になってしまいました。
2回目、のっけから刑務所のシーンで驚かされましたよね。
この時代を交互に行き交う手法、スケールは違いますが、
手塚治虫の「火の鳥」を連想させられました。
逃げてから10年程後の出来事のようで、そこから現在までさらに10年程。
長いスパンにわたって演じなければいけないので、
初回は若作りして、京野ことみと同級生だったということでしょうか。
10数年後の壇れい、特に老けメイクはしてなかった感じでした。
それで時代感がわからなくなりますが、きれいなまんまなんでその方が嬉しいかな(笑)

八日目の蝉壇れい刑務所.jpg

もともとちょっと数奇な設定かなぁと感じていたので、
その後はかなり必然性の感じられる物語の展開を期待していましたが、
さらに突飛な方向に行ってしまった印象でした。
なんだろう、新興宗教の集団にでも救われたというような印象というか・・・
善意のボランティアと思いこんでいいものかどうか、怪訝な雰囲気がありましたよね。
オウム以来、日本人にはちょっと抵抗がある世界かもしれません。
そこでの坂井真紀との出会い。
子供を奪った者と奪われた者、ということなのかな?
ゆくゆくは仇同士みたいになるのか、
相手の立場に立って、その心情を理解するようになれるのかを、
私たちは見守ることになるんでしょうか。

八日目の蝉壇れい坂井真紀.jpg

坂井真紀も実年齢よりも若い設定ですよね、たぶん。
若く見えるので、同じく実年齢より若い設定の壇れいとのマッチングはうまい配役かもしれません。

八日目の蝉壇れい倍賞美津子.jpg

倍賞美津子、昔はブイブイいわせてたいい女の役ばかりやってたのに、
こんな役やって、平気なんだろか・・・




臨場内野聖陽.jpg

今日やっていた「臨場」。
前シリーズは観ていなかったので初見でした。
主人公、なかなかキャラが立っていますね。
こないだの「超ほんまでっか!?TV」で植木理恵さんが言っていた、
態度と気持ちがリンクしていない人を思い出しました。
「人間は一貫性がない人物に対して興味を持ちより知りたくなる」
ホントその通りだなぁ~という印象です^^
第一シリーズの視聴率も良かったみたいですし、
このところのパターンから行くと、映画も作られるんじゃないですかね~

<関連記事>
最終回、奇跡は誰に起こったか?-「八日目の蝉」
親子はいつか別れるもの-「八日目の蝉」最終回に北乃きいの解答?
母として女として-「八日目の蝉」-親子の心の答え合わせは?
刹那的に訪れた至福の時間-「八日目の蝉」
母性をめぐる数奇な物語-「八日目の蝉」の壇れい
この道をクロスバイクで走りたい-「ハルフウェイ」岡田将生と北乃きい
キムタクの正座がきれい-「武士の一分」


八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



臨場 スペシャルブック (光文社文庫)

臨場 スペシャルブック (光文社文庫)

  • 作者: 横山 秀夫
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/03/31
  • メディア: 文庫


ブログトップへ戻る
nice!(414)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

母性をめぐる数奇な物語-「八日目の蝉」の壇れい [八日目の蝉]

連ドラがお休みの季節に、NHKで連ドラが始まりました。
壇れい、北乃きい主演の「八日目の蝉」です。
壇れいといえば、最近は金麦のCMの弾けてるイメージしかありませんでしたが、
このドラマでは、そんな姿と正反対の、心の闇を引きずるような女性を演じていました。

八日目の蝉壇れい2.jpg

その心の闇、半分は不倫相手とその周囲によりもたらされたものですが、
半分は自分自身の責任でしょう。
もっとも大切にしていた人との人間関係に傷ついて、
心の拠り所を失った壇れい。
だからといって、他人の子を愛せるものなのかは私にはわかりませんが、
母性というものは、そういうものなのかもしれません。

恋愛に破れた後、別の恋を求めるでなく、あからさまに復讐するでもなく、
新たな愛情を捧げる対象に、憎むべき女の赤子を選んでしまうという数奇な運命。
そして、大きくなった子(北乃きい)には、
まるで壇れいのDNAが刻まれたかのような精神性が注入されているようでした。

八日目の蝉壇れい.jpg

壇れい、まだ十分女をやれそうなのに、母をやるんですね~
初回は思わせぶりに、子が大きくなった過程を描かずに終わりました。
壇れいは、本当にあの子を愛せたんでしょうか。
自己の行いを幼い子に何と説明し、その後幼い子に何を吹き込んでいったのでしょうか。
NHKらしいシリアスさで描かれていて、
さすがに民放のドラマのように視聴者に媚びるところが一切ないのが、ちょっと新鮮でした。
明日の見えない不安ばかりが募って終わった第1回でしたが、
壇れいに幸せな日々が訪れる時は来るのか、次週に続く・・・、ですね^^

八日目の蝉壇れい京野ことみ.jpg

壇れいの同級生が京野ことみでした、そんなお年頃でしたっけ?

八日目の蝉津田寛治板谷由夏.jpg

今時、人前でこんな風にして歩く夫婦もないだろうと思いますが、
このイチャイチャぶりが、壇れいの胸をかき乱していました^^;

<関連記事>
最終回、奇跡は誰に起こったか?-「八日目の蝉」
親子はいつか別れるもの-「八日目の蝉」最終回に北乃きいの解答?
母として女として-「八日目の蝉」-親子の心の答え合わせは?
刹那的に訪れた至福の時間-「八日目の蝉」
なにやら怪しい施設に引き取られました-「八日目の蝉」
この道をクロスバイクで走りたい-「ハルフウェイ」岡田将生と北乃きい
キムタクの正座がきれい-「武士の一分」


八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



童神 ~私の宝物~

童神 ~私の宝物~

  • アーティスト: 古謝美佐子,MAKI,村井大
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/04/14
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(394)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
八日目の蝉 ブログトップ
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録