So-net無料ブログ作成
検索選択
月の恋人 ブログトップ

最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

世間がW杯に浮かれる中、「月の恋人」最終回が厳かに放映されました。
それにしても拡大最終回、ボリューム感たっぷりでしたね。
これまでで、最も出来がよかったようですが、
たまさかW杯の試合のない日にあたって、視聴率、どうだったんでしょうね~

月の恋人篠原涼子個展やるんだよね.jpg

自分がつくり育ててきた会社から追放され、傷心の日々、
そして、自分自身を見つめ直す日々を送っていたキムタク。
篠原涼子を頼り、さらに自分の原点を確認していたようでした。
篠原涼子はキムタクを優しく包むように見守り、安息の地を与えていたようですし、
自分自身の気持ちにも気づいているようですが、
そこから先に進む勇気が出ないようでした。
一方の北川景子も、その様子を知り、一歩退こうとしていたみたいでしたね。
篠原涼子のところに転がり込んでいた時のキムタクとその周囲。
とっても馴染んでいるように見えて、
しばらくはそのままいさせてあげたいと思うようないい感じでしたが、
気持ちを抑えるのに耐えかねたのか、
篠原涼子、個展のための作品製作を理由に、いったんキムタクと距離をおくことにしてしまいました。
キムタクも、潔いのかプライドが高いのか、抵抗したりすがったりすることなく、
逆に気を使うような素振りで篠原涼子のアトリエを後にしてしまいます。

月の恋人木村拓哉居候.jpg

そして、次にキムタクが頼ったのが北川景子でした。
ここらへん、キムタクは女を渡り歩いて凌いでる、いうなればジゴロ的でしたが、
どうなんでしょう、観てた感じではふたりの母性あふれる女の子の、
その母性を心ゆくまで発揮させてあげてる風に思いました。
キムタクの面倒を見てる時間、女の子はそれはそれで幸福だったようにとれましたが、
平成の今、女の子のそういう気分て残ってるものなのか、やや懐疑的に思える時もあります。
今時の女性の皆さん、こういうシーンをどう感じるんでしょうか?
高校野球の女子マネージャーになりたいと思うような女の子、今でもいるのかな?

月の恋人北川景子看板作ってご満悦.jpg

キムタクと別荘で生活を共にする北川景子の献身的な態度、ちょっと感動的でした。
そして、そのささいな献身の積み重ねが結実して、キムタクに朗報が舞い込みます。
別荘地の役場から、キムタクの家具にかける思いを表現する機会が与えられました。
心のリハビリ中だったキムタク、
半分嬉しく、半分不安になっていた背中を、見えないところで押してあげたのは篠原涼子でした。
その篠原涼子、その案件がレゴリスとのコンペとなったキムタクに請われて、
コンペ用作品の製作現場に合流。
北川景子と共に、再び近くでキムタクを支えます。
黄金のトライアングルの完成です。
己の原点を見つめ直す心の旅を続けていたキムタク。
本気で作品製作に取り組む様子から、その木材に込めた思い、
使う人の気持をおもんばかる心根、
家具に対する真摯な態度、脇目もふらず誠実に努力する様など、
その魅力的な原点が、分かりやすく説明されていました。
これこそが、人を惹きつけ、レゴリスを短期間で業界トップクラスの企業にのしあげた
原動力だったんだなぁと確認することもできました。

それにしても、この気の置けない仲間たちと目標に向かって共に頑張ってる時、
この時間が充実感にあふれて最高でしたね^^
みんなで外で食べるシチューも、とってもおいしそうで楽しそうでした。

月の恋人リン・チーリン再会.jpg

でもそんな時に、シュウメイ(リン・チーリン)が現れますね。
結局、女の子はみんなキムタクのもとに集まってきます。
周りが気を利かせてキムタクとリン・チーリンは二人きりになりました。
リン・チーリン、とってもきれいで、その存在だけでクラクラしてしまいそう。
会話やしぐさもそれなりに可愛らしかったですね。
でもどうでしょう、この逢瀬、それまで仲間と共に過ごした時間に優っていたとは、
私には思えませんでした。
素敵な時間で、何ものにも替えがたいと思ってしまいそうな瞬間、そして余韻でしたが、
精神性を重視しているようで、わずかに即物的な感じもしましたよね。
男にはそういうのが必要な時もありますが、
やはり観ていて篠原涼子や北川景子との時間の方に軍配をあげたくなりました。
ここらへんの微妙な演出は、とってもよかったと思います。

この後、リン・チーリンとの逢瀬の余韻に浸るキムタクを見て、
北川景子が自ら退いてしまいました。
今、逢ったばかりでそのことで頭が一杯なんだから、
もうちょっと待ってれば、また気持ちも帰ってくるのに、と思いましたが、
若さゆえか、結論を急いでしまったようですね。

いよいよコンペの日、贅をつくしたレゴリスの作品に対して、
キムタクの作品は、人と人とのつながりをイメージした、
木のぬくもりが感じられるようなあたたかい作品でした。
家具職人キムタクの完全復活を予感させる、気持ちのこもった良い作品でしたよね。

周りに支えられ再生するキムタク。
このまま、この心地良い環境のままいて欲しい気がとってもしたんですが、
やはり、結論を出してしまうんですね。
出せば立ち位置が変わってしまうことが分かっていても、
人はどうしても恋の結論を出して、二人の世界にシフトしていこうとするものらしいです。

キムタク、本当に自分の気持が読めるリテラシーを持つ、
アイスクリームの匂いのする女の子に決めてました。

このドラマ、見ている我々も、なかなかそのリテラシーを持てずに、
いかに物語を楽しむかに苦労していたと思うので、
このキムタクが出した結論は、なんだかとっても象徴的でしたよね。
そうです、葉月蓮介の心を読むリテラシーがないと、容易につきあえません(笑)

ちびで結構コケコッコー。
とっても長い拡大最終回、もの凄くお腹いっぱいになりました^^

リテラシーがなくても、北川景子ちゃんのようにいつでも味方でいてくれるなら、
それはそれで価値があり、安心出来るのかもしれません。
周りとの友情を保ったまま、景子ちゃんと一緒になってもよかったかなぁと思います(^_^)

<関連記事>
次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」
最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」
レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」
クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」
愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号


月の恋人 Moon Lovers

月の恋人 Moon Lovers

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/31
  • メディア: 単行本



LOVE RAIN~恋の雨~

LOVE RAIN~恋の雨~

  • アーティスト: 久保田利伸,久保田利伸,柿崎洋一郎
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/06/16
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(420)  コメント(86)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

「月の恋人」第7話。
W杯の影響で低視聴率に沈み、さらに一週あいた後の放送で、注目度が気になるところでした。
世間から忘れ去られていないと良いのですが・・・

今回は冒頭から動きがあり、キムタクは松田翔太等の暗躍で、
自ら立ち上げた愛着のある会社を去ることとなりました。

少々考えすぎな傾向のあるキムタク社長、
ひとりになって何を考えるのかと思ったら、
思いを馳せたのは自分自身の原点だったようですね。

みんなが喜び、共に生活したいと思えるような家具を世界中に届けたい。
才能と、そんな純粋な思いだけでここまで走ってきたキムタク。
どうやらそのふたつで人の気持ちも動かしてきていたようですが、
クールすぎる態度では、さすがに行き詰まり、自分自身を見つめ直す必要に迫られたようです。
ようやく人付き合いという、人間の根本的な課題に目をむけるようになるのでしょうか?

月の恋人北川景子看板娘.jpg

それにしても、
どうしようもなく落ち込んで、何もしたくないような気分になった時、
懐かしい景色にふれて、思い通りにいかない日をやり過ごしたいと思った時、
頼りになるのはやっぱり母性かなぁ。
酒を呑んでくだを巻くような元気があるときなら、
男友達に気にして欲しいけど、
今のキムタクみたいな時だったら、
いくら親しくても、なかなか男友達にはこんな姿を見せられませんね。
捜してもらえるなら、母性に溢れた綺麗な女の子でしょう。
自分自身が、他人から見たらめんどくさいことになってるのがわかってると思うので、
そのめんどくさい自分でも進んで受け入れてくれるようじゃないと、
安心して身を任せられません。
そういう意味で、探してくれたふたり、北川景子と篠原涼子、
ふたりとも大合格点でしたね^^
いやぁ、ホント、価値があるなぁと思いました。
あまり直接キムタクに接せられず、十分に伝えられなかった北川景子のその気持、もったいないな~
加賀恭一郎なら、必ず届けていたところです(^_^)
そして、残念ながら、リン・チーリンは・・・
自分自身がめんどくさい時にめんどくさいことに関わる元気、出ないかもしれませんね。

月の恋人篠原涼子見つけた.jpg

「月は主張しない」とは、誰かのことをさした暗喩なんでしょうか。
アイスクリームのにおいって、どんなにおいなんでしょうね^^
中華料理屋の看板娘も最高でした。
あのアルバイト、長くやって欲しいですね(笑)

月の恋人キムタク感謝のイス.jpg

最終回予告で、何故か、レゴリスのスタッフと共に、「感謝のイス?」の製作発表を行っているようでした。
2時間15分の超拡大最終回、一週休んで作っただけの内容を見せて欲しいですね。

月の恋人リン・チーリンホテルにて2.jpg

今週はリン・チーリンがでない回なのかと思いましたが、ギリギリ最後に登場しました。
でも、真意がはかりかねる描写でしたね~
最終回、どういう扱いになるのかな。

※加賀恭一郎=新参者の阿部寛です^^

<関連記事>
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」
レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」
クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」
愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号


月の恋人 Moon Lovers

月の恋人 Moon Lovers

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/31
  • メディア: 単行本



LOVE RAIN~恋の雨~

LOVE RAIN~恋の雨~

  • アーティスト: 久保田利伸,久保田利伸,柿崎洋一郎
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/06/16
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(127)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

「月の恋人」第6回。
今週は、キムタクがピンチに陥るとともに、リン・チーリンにスポットの当たらない回となりました。
物語に動きがあり、面白いと思いましたし、北川景子はけなげで好感が持てました。
キムタク周囲の人間が、次々と造反したり、彼のもとを去っていったりする中、
最後まで味方となってくれた女子の、そうする理由が『キムタクだから』いうのが、
いつもながら彼主演ドラマの特徴(というかある意味説明不足?)かもしれませんね。
日本人には、それで通っちゃうところが、すごいですけど。

月の恋人8年前.jpg

今回キムタクに起こった様々な障害や異論や不服。
不可抗力やいいがかりだと思えるようなもの、ひとつもありませんでしたね。
すべて、キムタク本人の人格や施策に基づく、彼自身の責任により生じた問題に思えました。
これまで見てきた彼の仕事上の決断て、概ね、大胆に行うかバッサリ切るかで、
若くして登り詰めようとする有能な経営者なら、
もうちょっと緻密な所も見せて欲しかった気がするし、
トップがいつもあれだけピリピリして神経質な態度をしていたら、
とっても風通しの悪い会社になってしまいそうな気がします。
かといって、ビジネスを立ち上げる時の最初の着眼点が良くて、
黙っていても成長し勝ち組になれるような分野で勝負しているわけでもないように思います。
今回のこと、すべて自分で蒔いた種ですよね。
だから同情もできないし、ビジネスマンとしての目線で見れば、至らない人物にしか見えません。
でも、最初は違ってたはず。
8年前の写真に見るように、心の通じ合った仲間との希望に満ちた船出や成功があり、
短期間でこれだけの成長を実現したビジネス上の秘訣や閃き、そして人間力もあったはず。
観ている人はずっと、今か今かとその説明を待っていますよね。
最初のキムタク社長はどんなだったのか、
どこで曲がってこんなところまで来てしまったのか、それが聞きたくて聞きたくて…
お話は大きく動きましたが、その説明、今週もありませんでしたね~
それを聞いて、キムタクに肩入れして物語に入り込みたい、そう願っています。

月の恋人北川景子自宅にて.jpg

そんな中で株を上げたのが、北川景子でしょう。
レゴリス・ショップでの応援や、特に病院でお見舞いする姿は、
ほんと健気でかわいらしく、心のこもっている様子でした。
当初、わがままなお嬢さん風だったので、
一途で、相手を思いやる気持ちのあるいい子だったのは意外です。
きれいだし、ここのところポイント急上昇ですね。
結局、どんな時も信用のおけるのは、北川景子と篠原涼子ってことになるんでしょうか。

月の恋人篠原涼子倍賞美津子.jpg

蓮介(木村拓哉)の母から、キムタクの人格形成にまつわる話が聞けるかと期待しましたが、
あてが外れました。
母を呼んでたってことは、シュウメイ(リン・チーリン)へのプロポーズは、
純粋な気持ちからだったってことなのかな。
お母さんは、篠原涼子のことが気に入ってるみたいでしたね。

月の恋人木村拓哉松田翔太記者会見.jpg

記者会見でのキムタク、ネクタイしてましたね。
でも、ちょっとルーズ気味でした。
わざとそうするのが流行りなんでしょうか。
それと、松田翔太の黒シャツに黒ネクタイ。
謝罪の場に相応しいのか、さすがにちょっと気になりました。

次週予告のキャプション、こないだに比べるとおとなしかったですね。
でも、ようやく来たか・・・という内容でした。
次で終わりじゃないみたいなので、最終章、少なくとも3話分はありそうです。
ここから巻き返しがなって、ビジネス界の寵児として復活するとともに、
我々の心をもつかんで、大団円としてくれるんでしょうか。
是非、そうして欲しいですね。

<関連記事>
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」
レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」
クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」
愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号


月の恋人 Moon Lovers

月の恋人 Moon Lovers

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/31
  • メディア: 単行本



LOVE RAIN~恋の雨~

LOVE RAIN~恋の雨~

  • アーティスト: 久保田利伸,久保田利伸,柿崎洋一郎
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/06/16
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(93)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

「月の恋人」第5回。
やっと物語が大きく動き出した感じです。
レゴリスとは月の砂という意味でした。
定着させる気がないのか、今週「わんすけ」は出てきませんでしたが…(笑)

蓮介(キムタク)とシュウメイ(リン・チーリン)、いいムードのまま一夜を共にしたようですね。
それを思わず口にしてしまうリン・チーリンの、あけすけの喜びようが印象的でした。
また、その話を聞いた篠原涼子もわかりやすく動揺してて可愛かったですね^^
篠原涼子って、これまで何人も蓮介が女の子と付き合うのを見てきたって言ってましたが、
そのたんびに、心を痛めてきたのかなぁ。
長い長い恋ですね。

月の恋人リン・チーリン北川景子腕相撲.jpg

でも、今週一番可愛かったのは、北川景子じゃないでしょうか。
不法入国者を匿ったり、キムタク社長の仕事に口を出してきたり、すぐ帰ると言ってみたり、
心情的にはわかるんだけど、困らせ気味の出来事の多いリン・チーリンに対して、
腕相撲勝負では負けちゃいましたが、キムタクを一途に愛する気持ちの伝わってきた北川景子。
見映えでも全然負けてなかったように思いました。
中華料理屋に突然やってきて、リン・チーリンと親しくなっちゃうところも高感度アップかな^^
しおらしくなって、愛されるように自分を変えていこうとする心の変化もよかったですね。
女優陣、三者三様で面白くなってきました。

仕事に恋にとクールにこなしているように見える、キムタク社長ですが、
敵味方の悪意にさらされると、ワキの甘さを露呈しますね。
プロモーションの企画を盗まれたり、フライデーされたり、社内の反感買ったり、不法入国者に関与したり・・・
そして極めつけは、自社製品による原因不明の事故でした。
事故発覚後のあの動揺は、消して尊敬出来る態度じゃなかったですね。
そんな様子、見せていいのかなぁ。
不法入国者の始末の時と併せて、なんだか怖くなっちゃいましたよね。
こういう時こそ人間性が試されるのに。

蓮介が、シュウメイと離れたくない気持ちでいるのはわかりました。
また、シュウメイ(リン・チーリン)の夢はふるさとで肉親とともに過ごすこと、
プロポースした蓮介は、その夢を叶えてあげるのでしょうか。
何かあのプロポーズには、深い意味がありそうですね。

月の恋人木村拓哉リン・チーリン駐車場にて.jpg

駐車場から月の見える川に臨む二人。
身長差、あるように見えますね~
このシーンの前に二人の全身バックショットがあり、同様に見えます。
ただし、顔は見えません。

予告では、次週最終章・序幕「崩壊」となっており、“衝撃の結末“というキャプションもついてました。
正直、ストーリーの発展はこれからだと思っていたので、最終章という言葉が唐突に感じられました。
それだけ短いスパンお話だったのなら、
第2話、第3話あたりの、話の進展のしなさかげんは何だったんだろう?
あと2回?多くても3回で終りなんですかね~
このところのキムタクドラマ、短いですね。
登場人物や、視聴者にさえ肯定されないキムタク社長の人格。
それが形成された過程の秘密が同情出来るのものだといいんですが・・・
キムタク社長や会社の将来、3人の女性との恋路と並んで、それが気になりますね。

月の恋人篠原涼子松田翔太屋上カフェ.jpg

ビルの屋上にオープンスペースのカフェがあって、貸し切りできるんですかね?
お洒落ですね。
松田翔太、篠原涼子の心の隙間にだいぶ入りましたね~
キスに応じてくれたら、モノにできたと思うはずですが、
そのあと、ちょっと距離をおいてました。
普段はちょっと強引なのに、冷静ですね。
ただ、それって有効なのかどうか。
考える時間を与えれば、迷うんじゃないんでしょうか。
どうでしょう?

月の恋人レゴリスの会議.jpg

立ってノートPCを持ちながらの会議。
必要以上に長引かせないための工夫?
若く成長過程の会社の演出かな。

<関連記事>
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」
最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」
クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」
愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号


月の恋人 Moon Lovers

月の恋人 Moon Lovers

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/31
  • メディア: 単行本



LOVE RAIN~恋の雨~

LOVE RAIN~恋の雨~

  • アーティスト: 久保田利伸,久保田利伸,柿崎洋一郎
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/06/16
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(82)  コメント(12)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

「月の恋人」第4回。
前週の視聴率、並のドラマ程度に落っこちて、今週は背水の陣だったはずでしたが、
果たして視聴者は戻ってきたのでしょうか・・・

これまで、恋にも仕事にもクール一辺倒な態度で臨んできたキムタク。
恋の方だけですけども、今週やっと燃え上がりましたね~^^
やはり視聴者の共感を得るには何かしらの感情の発露が必要でしょう。
しかし、ここに到るまでが長かった~
これがキムタクプロデュースだとしたら、さすがに待たせ過ぎだったでしょう。
いくらリン・チーリンがきれいだと言っても、
ピュアで世界中探したってどこにもいないような女の子だからって、
飾り物なだけじゃ、物足りませんよね^_^;

月の恋人リン・チーリン新広告.jpg

ただ、これは恋も仕事もですが、ここまで自分の気持を表すことに慎重で、
相手の気持を縛ることも怖がっているようだと、
やっぱり何かの原体験が、キムタクをそうさせていると思わざるを得ないような気もします。
リン・チーリンにも自分の部下たちにも、
希望や命令は伝えるが、それに従うのは自由だというような態度。
従わなかった人間も特に慰留することもなく、手放してしまいますよね。
まるで、そちらがそういう意思を持つことは自由で、その権利は犯さない、とでも言いたげで、
それは裏を返せば、相手に気持ちを預けて、その後に拒否され傷つくのを、
先回りして防御しているかのようでもあります。

今回、リン・チーリンの父親対してした非情にも見えた処置の裏側に、
大きな愛情があったことが分かりました。
ビジネスの現場においても、同様に、部下にクールに接することが、
実はとてつもない大きな優しさに裏打ちされた行為だった、という事になってくれないかな~
納得出来る理由を考えるのは、とっても難しいと思いますが…
今のままじゃ、好きな女に対してだけは、優しさを発揮したということになってしまうかも…(笑)
観てる方はみんな、あんな態度でいるには訳があるに違いないと思っていても、
ヒントすら示されないのでは、だんだんついていけなくなってしまいますよね。

月の恋人木村拓哉篠原涼子.jpg

そして、篠原涼子。
キムタクに対しては、結構友情より愛情に近い感情を持っているということがわかりました。
夜の公園で見上げていた月。
タイトルがタイトルだけに気になりますよね。
(キムタクとリン・チーリンも月に照らされていましたが・・・)
キムタクの一番の理解者は彼女であろうだけに、肩肘張らない付き合いができそうなんですけど・・・
キムタクとリン・チーリンの事を思い、悲しみにふけっている時、
松田翔太に後ろから抱きすくめられました。
こんなとき、どれだけの愛情があれば、腕を振りほどかれないで済むんでしょう。
篠原涼子にも、それくらいの愛情は存在しているみたいですね。

月の恋人北川景子ポスター.jpg

北川景子、卑屈にならずに堂々とリン・チーリンと勝負にでていました。
こちらのポスターもかなり良かったと思いましたが、
対決にはあっけなく敗れたような扱い。
がんばれ北川景子!^^

月の恋人木村拓哉篠原涼子2.jpg

こんな風に天ぷら食べたいですね(^_^)

月の恋人木村拓哉リン・チーリン月に照らされて.jpg

こんなのって、誰もが憧れますよね^^

<関連記事>
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」
最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」
レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」
クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」
愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号


月の恋人 Moon Lovers

月の恋人 Moon Lovers

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/31
  • メディア: 単行本



LOVE RAIN~恋の雨~

LOVE RAIN~恋の雨~

  • アーティスト: 久保田利伸,久保田利伸,柿崎洋一郎
  • 出版社/メーカー: SE
  • 発売日: 2010/06/16
  • メディア: CD


ブログトップへ戻る
nice!(41)  コメント(50)  トラックバック(3) 
共通テーマ:テレビ

キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

「月の恋人」第3回。
ストーリー上の目立った進展は、これといってなかったように思いました。
キムタクをめぐる人間関係を、ビジネス面と色恋面で、
今一度整理したような回だったように思います。

月の恋人木村拓哉ひとり憂う.jpg

キムタク社長、一代でファニシング業界第2位の位置まで上り詰めた割には、
参謀的役割の人物がいないようですね。
重用しているのは、命令を忠実に実行する松田翔太のようなタイプ。
子飼いの部下でも、成したことが物足りなければ厳しい対応をしているようです。
逆に、外部の人間でも、能力があれば抜擢し重用する傾向にあるみたい。
自ら部下と人間的なふれあいをすることは、特に望まず、
間に入る緩衝材的な人間もいないことから、
周囲はたびたびその意図を理解できず、ついていけないと感じることもしばしば。
ただ、そのビジネスプランは孤高にして慧眼。
まわりから突出した天才児、普通の人間の尺度では測れない人物。
まわりはわからなくても、していることすべてに理由がある。
ちょっと、信長っぽいでしょうか。
見る人によっては、血も涙もないいけ好かない男で、
自らの部下が敵となって襲われそうなところも似てるかな。
篠原涼子の話からは、最初からそんなだったわけではなく、
何かそうなるきっかけがあったようにもとれますね。
今でもひとりになると、憂いのある表情を見せたりもするようです。
信長も、その厳正さが民から歓迎されていた向きもあったようで、
キムタクも決して私心で動いていないことは、見ていればわかりますね。

月の恋人リン・チーリンポスター撮影.jpg

ビジネス上のキムタクは、
自分の基準に達しない人物や提案に対してはけんもほろろのようですが、
何を言ってきても、決してそういう態度は見せず、
聞くだけはちゃんと聞いてあげてるのが、リン・チーリンの言葉ですね。
聞いてると、人間のベーシックな感情しか言ってないみたいなんだけど、
そこが純粋でいいと思ってるのかな?
恋の駆け引きをしようとして、いきなり結婚を迫ってては、技がなさすぎですよね。
彼女には特別な感情を抱いている風ですが、ビジネスライクな対応と半々、
いや7:3くらい、まだビジネス寄りかなぁ。
社長キムタクとして心にいろんな縛りがある中で、
精一杯の愛情をぶつけてるつもりなのでしょうか?
今の魅力的な彼女を見ると、恋にも落ちようかと言う気にもなりますが、
そもそも廃れた工場でキムタクが彼女を見つけたとき、
ピックアップした理由は何だったのか、はっきり語られていませんでしたよね。
その時の気持ちが気になりますね。
今週のリン・チーリン、七変化こそありませんでしたが、ポスター撮影がありました。
リン・チーリン自身はキムタクの心が病んでると思っているふしがあるようですね。
そういう部分に触発されて、母性が顔を出してきつつあるような…

月の恋人北川景子デジカメ.jpg

北川景子につっけんどんなキムタク。
彼女じゃないんですかね?
北川景子の片思いっぽいですね。
でも、完全な無視でもなくデートはしてました。
最初は興味があって交際してたけど、
思ったような女の子じゃなくて深い関係になるのをやめた、ということか。
リン・チーリンの存在感がすごいですが、
どんだけキムタクにめんどくさそ~な顔されても、
日本代表としてひるまず頑張って欲しいですね~

月の恋人篠原涼子松田翔太海辺で.jpg

キムタクとの間に友情があるっぽい篠原涼子。
いまのところ、もっともまともに意見が言える人物のようですね。
友情とバランスの取れるだけの能力があるから、キムタクも容易に受け入れられるのかな。
松田翔太にグイグイこられても、今のところ余裕でさばいるようです。
いつか誰かに、余裕がなくなるほど、恋の炎を燃やす日が来るんでしょうか。

月の恋人木村拓哉ドアをこする.jpg

キムタク、ドアをこすってましたけど、何してたのかな?
スーツの下にノーネクタイでボタンを止めずにワイシャツを着て、中のTシャツを見せる。
今はこんなファッション、していいんですか?
社長だからいいのか。
ワイシャツの裾は短くフラットのようでした。
当然、ズボンの外に出していました。
商談でも、前ボタンは留めていましたが同じようなワイシャツの着こなし。

その商談中、キムタク、お客の前でイスに座って足組んでましたね~
欧米人は、そういうこと、気にしないのかな?

<関連記事>
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」
最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」
レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」
クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」
愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号


月の恋人 Moon Lovers

月の恋人 Moon Lovers

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/31
  • メディア: 単行本




ブログトップへ戻る
nice!(91)  コメント(14)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

「月の恋人」の第2回。
上海のシーン、冒頭に出てきましたが、この後は主舞台を東京に移すようですね。

月の恋人木村拓哉リン・チーリン上海.jpg

本音のわかりづらい主人公キムタク、第2回もクールでヒールなところばかりが目立ちました。
人を使うだけで、人を見てない。
感情があるのかないのかわからない。
仏頂面ばかり。
精一杯におしゃれしたリン・チーリンを見ても褒めもしないし、
自分のことしか考えてないって相手から思われる人間が魅力的なはずはありませんが、
そうなった理由がきっとあるはず。
あまりに自分に依存しようとする相手が多すぎて、やむを得ずそうしているのかな?
本当の自分と必死に戦ってるのかも知れませんね。
今こうしていなければいけない理由が明らかになったとき、
人間的な深みも伝わってくるのかも知れません。
そこにどんな種明かしを用意しているのか、
必死に探りながら観ることになりそうです^_^;

月の恋人篠原涼子オフィス.jpg

ほとんどの取り巻きが、キムタクに認められたい何かしてもらいたいと思っている中で、
松田翔太だけが、何かしてあげたいと思っていて、相手が求めていることをそっと差し出す。
篠原涼子だけが、媚びずに独立独歩で自力で生きていこうとしているよう。
そこがキムタクが心を許すよりどころなのかも知れませんね。

月の恋人木村拓哉リン・チーリン着せ替え.jpg

今週も七変化のあったリン・チーリン。
片言の日本語しか話せず、細かい大人の感情表現ができるのか、一抹の不安を感じます。
まず、見栄えだけで圧倒しようと言う戦略なんでしょうか。
ホテルにカンヅメにしてた理由はなんだったんだろ。
逃げるから?
目立ちすぎるから?
それとも、愛してるからかな。
いまのところ、キムタクに対し、自由に感情の発露をして、
仏頂面ながらもちゃんと受け止めてもらえるのは彼女だけですね。
時にビジネスライクに徹するキムタクから、
人と思えぬ扱いを受けても、
未練があるからそのまま逃げずに自己主張しに来たりするんでしょうか?
使い捨てにならない覚悟でも、好きになっちゃたらどうする?
相手も、本気で好きにさせるしかない…かな。

月の恋人接待相手は美女好き.jpg

リン・チーリンを、あんな気持ちのまま接待に連れていってもうまくいくはずもありませんが、
何故あんなことしたんでしょう。
決して捨て場の接待でもなかったでしょうに。
自分の立場を確認したかったんだろか。
駆け出したリン・チーリンを追う道すがら、なにか言いかけました。
「オレ…」
本音を言おうとしたのかな?

月の恋人北川景子松田翔太バーにて.jpg

北川景子は、いまだ仲々クローズアップされて来ませんね。
そのうち、蜂の一刺しでもさせるんでしょうか。

またまだ、わからないところだらけですね。

<関連記事>
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」
最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」
レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」
愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号


女優メイク PartII

女優メイク PartII

  • 作者: STARDUSTpress編集部
  • 出版社/メーカー: SDP
  • 発売日: 2010/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



月の恋人 Moon Lovers

月の恋人 Moon Lovers

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/05/31
  • メディア: 単行本


ブログトップへ戻る
nice!(88)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

愛情や友情はあったのかな-「月の恋人~Moon Lovers~」 [月の恋人]

今クール期待の一番手といえる、キムタクドラマ。
遅ればせながら満を持してのスタートとなりました。
TV局各局にも不況の波が押し寄せる中、豪華キャスト豪華上海ロケでスタートしたこのドラマ。
コケたら、その責任は相当大きいものと思われますが…

月の恋人上海.jpg

今回のキムタクが演じている役、やけにクールそうでしたね。
クールに見え過ぎて、その心の中に占める愛情や友情の比率をはかりかねました。
一見、ちょっとやそっとでは心が動きそうにないように感じたんですが、
それをどうして、リン・チーリンは動かせたんでしょう。
それも2度にわたって。
そこがどうしてもわかりませんでした。
無垢な様子は出していたみたいですけれども、子供っぽさと紙一重だった気もしますし…
もしかしたら、心は動いてなくて、ビジネスライクに事を進めただけってことなんでしょうか。
だとしても、そこまでの凄みは演出されていたかな~
かすかに、人間らしい面もあったように感じました。

月の恋人木村拓哉リン・チーリンあめんぼ.jpg

キムタクを貴様と呼んだリン・チーリン。
七変化などもあり、女性陣の中ではもっともフィーチャーされていた感じでしたね。
スタイルも物凄い。
ただ、こちらはこちらで、金銭的な止むに止まれぬ事情で、
キムタクと関わることになっただけで、
マイナスな印象こそあれ、
互いの琴線にふれるまでの出来事、なかった様に思ったんですが…

月の恋人北川景子パンダ着ぐるみ.jpg

一方、日本代表の北川景子は、パンダの着ぐるみでヒップアタック!
出番も限定的でしたね~
残念ながら、いかにも結ばれなさそう…でした。

月の恋人篠原涼子松田翔太お誘い.jpg

唯一人、キムタクとまともに人間的な付き合いをしていそうだったのが篠原涼子かな。
互いに、友情とも愛情ともつかぬ感情を持っていそうな雰囲気で、
彼女とのやりとりは双方の信頼感にあふれる、気持ちの良いものでしたね^^

結局、初回を見た感じでは、
まだ海の物とも山の物ともわからないような印象が残ってしまいました。
最近の視聴者、物語が暖まるまでなかなか待ってくれないので、
なにか感情移入出来る材料を提示しないと、まさかということにもなりかねませんね^_^;
そんなことには、絶対になって欲しくないな~

あまり目立ちませんでしたが、
「ブラッディ・マンディ2」のスパイダー、
いましたね^^

<関連記事>
最終回、キムタク、篠原涼子、北川景子の黄金のトライアングル-「月の恋人~Moon Lovers~」
次週、最終回、傷付いたキムタクを包んだものは?-「月の恋人~Moon Lovers~」
最終章、序幕。物語は大きく動きました。-「月の恋人~Moon Lovers~」
レゴリスは月の砂。次週から最終章の序幕?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心、ちょっとは熱く燃えてきたかな?-「月の恋人~Moon Lovers~」
キムタクの心は病んでる?、それとも信長的なの?-「月の恋人~Moon Lovers~」
クールでヒールなキムタク、未だその全貌は明かされず?-「月の恋人~Moon Lovers~」
夜の笑っていいとも!-2010春のドラマ特大号





女優メイク PartII

女優メイク PartII

  • 作者: STARDUSTpress編集部
  • 出版社/メーカー: SDP
  • 発売日: 2010/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ブログトップへ戻る
nice!(104)  コメント(16)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ
月の恋人 ブログトップ
メッセージを送る
@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録