So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大学の若大将 [邦画]

「若大将シリーズ」を観ました。
今日は「大学の若大将」。
記念すべき第一作ですが、私がリアルタイムで「若大将シリーズ」を見だしたのは「エレキの若大将」からで、この第一作は未見でした。
何となく自分の勝手な思いこみで、シリーズとしてはまだこなれていないんじゃないかというイメージを持っていたんですが、とんでもありませんでした!
ものすごく楽しくておもしろい!
若大将シリーズで定番となった筋立てやギャグみたいなものがほとんど入ってました(^_^)
人気になってシリーズ化したのがとてもうなづける内容です。
面白いのは、青大将(田中邦衛)がそれほどドジな設定になってないこと。
また、空手が得意らしく結構強そうなこと。
ちなみに青大将のオープンカーって前に3人乗ってました。
また、バスの窓などから見える昭和30年代の風景も郷愁を感じさせます。
そして、スミちゃんとの出会いのシーンでチンピラと乱闘になるところは、ブルース・リーの映画にそっくり(笑)
ブルース・リーもこんな感じで自分のカンフー技を出さざるを得ない状況に追い込まれてたような・・・
当然、「若大将シリーズ」の方が先なわけですが(^_^)
そしてやっぱりスミちゃん(星由里子)ですね。
自分は和歌子派で、本来スミちゃんよりセっちゃん(酒井和歌子)なんですが、この作品のスミちゃんは特別だなぁ。
もんのすごくピチピチしていて、ダンスパーティーにやってくる格好がアメリカン・グラフィティに出てくる10代の女の子のような格好です。
さらに、湖畔の水辺のオープンテラスのカフェでウエイトレスをしているときのショートパンツ姿も必見です!
自分はこの5年後くらいのスミちゃんしか知りませんでしたから、ものすごく新鮮に感じました。
加山雄三だけは全然変わんないんですけどね!
この後の作品も楽しみです(^_^)

しかし、ウォーターボーイズにしろ何にしろ、この時期に青い空の下で水泳をするシーンを観るのは気持ちのいい季節を思い出させてくれますね!



大学の若大将

大学の若大将

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD
監督:杉江敏男
出演者:加山雄三、 星由里子、 田中邦衛、 団令子
収録時間:82分
レンタル開始日:2006-08-04

Story
加山雄三を“永遠の若大将”として世に知らしめた青春ドラマシリーズの第1弾。若大将こと田沼雄一は水泳部と軽音楽部を掛け持ちし、ふとしたことから水泳大会に出場することになる。 (詳細はこちら


nice!(404)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 404

コメント 6

仁左衛門

はじめまして&こんにちは。
パー券300円とか、あまりの物価の違いに驚きました。
「10枚で3000円かぁ、痛いなぁ」ですから。
何にせよ、日本の「ビバヒル」は随分と昔に作られていたんですねぇ。
面白かったです。
by 仁左衛門 (2007-08-28 17:41) 

@ミック

コメントありがとうございます(^_^)
BS2では4本すべて観ちゃいました。
それでも飽きたらず、オーディオコメンタリーが聞きたくてレンタルまでしちゃいました。
小さい頃の自分は、スミちゃんてなんて綺麗な人なんだろうと思ってましたが、コメンタリー聞くと、キレイなのはむしろ藤山陽子(お見合い相手)の方で、星由里子は演技力を評価されてたというようなお話でした。
でも、明治キャンディーガール?のコスチューム姿も含めて、私はスミちゃん大満足でした(笑)
by @ミック (2007-08-28 23:53) 

いっぷく

浄化槽の蓋の焼肉は青春時代のおバカシーンとしてサイコーですね。
明るく楽しい東宝映画の象徴的シーンです
by いっぷく (2017-11-22 07:17) 

@ミック

いっぷくさん、コメントありがとうございます^^
沢村いき雄さんですね♪
by @ミック (2017-11-23 01:10) 

サンダーソニア

加山さんも2世ですが
イマドキの2世とは格が違いますね。
by サンダーソニア (2017-11-24 07:18) 

セイミー

観ましたよ この頃のわたしも若った 
by セイミー (2017-11-24 14:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

@ミック-Thinking @ミック-Thinking 読者登録